So-net無料ブログ作成
検索選択

2025年の万博を大阪府が誘致するって本気なの? [観光行政]

スポンサードリンク




大阪万博、首相が「検討」で外堀埋まる財界 費用負担の議論加速へ - 産経WEST

2025年の万博を大阪府が誘致したがっているという話は、以前にも、堺屋太一が、ラジオでその話をしていたのを聞いたことがありますが、ここにきて、政府まで後押しする姿勢を示したということで、俄かに本気度が増しつつあります。

安倍首相としても、2020年の東京オリンピックの後、景気が冷え込むのは確実なので、それを少しでも挽回する策として、2025年の万博が必要と考えているのかもしれません。

テーマは、「人類の健康・長寿への挑戦」となる模様で、もちろんこのようなテーマで開催される万博は初めてらしい。

といっても、大阪府政の財政も大赤字で、産業的にも地盤沈下が激しい関西財界は、費用負担に消極的で、及び腰だったのですが、政府のバックアップもあれば、今後、具体化に向けての議論が高まりそうです。

ただ、今の時代、万博の経済効果がどの程度あるのか、費用対効果の面で考えると、オリンピック開催などと同様、難しい面があり、逆に、終了後に巨大な財政赤字や、不況に悩まされる国も多い。

大阪万博会場建設費1300億円、運営費740億円 府構想(1/2ページ) - 産経WEST

大阪府は、基本構想の素案を作成し、予算の見積りも発表したようだが、こうした見積りが全くあてにならず、後で平気に膨れ上がるのは、東京オリンピックの計画のずさんさでも明らか。誰も信用しないだろうな。

開催期間は5月~10月の半年間。メイン会場は大阪湾の人工島・夢洲(大阪市此花区)で、期間中の来場者は3千万人以上を見込むそうです。(笑) この数字も、あてになる訳がありません。

さらに、大阪万博をやることによる経済効果は、6兆円もあるそうですが、これも額面通り受け取る人は多くないでしょう。

天下り〟元官僚VS府市、全面対決 花博協会、14億円含み損問題で火花-産経ニュース gikou89

過去、大阪市の鶴見緑地で行われた大阪花博も、結局、赤字を出して、そのツケは府民が背負うハメになったのですから。
過去の失敗を学習しないのですかね。

wst1609290045-p1.jpg

夢洲 - Wikipedia

ところで、夢洲ってどこ?と思い調べたら、大阪市此花区の沖合にある人工島で、元々はゴミ埋立地として造成された島らしい。

その後は、大阪オリンピック招致のため選手村等造成や、住宅地等建設誘致の計画もありましたが、ことごとく頓挫。
巨大な税金が投入されたのに活用されていない大阪市の負の遺産の一つと言われている場所です。

最近だと、カジノを含む統合型リゾート誘致の計画も持ち上がったりもしているようですが、とにかく何か使い道がないか、大阪府にとって頭を悩まさせられてきた存在のようです。

万博誘致レース「最大のライバルはパリ」 大阪府(1/2ページ) - 産経WEST

誘致に関して最大のライバルはパリだそうで、「勝てるのか?」というより」「勝つ必要があるのかねぇ?」というのが正直なところ。

ただでさえ地盤沈下が激しい大阪だけに、この万博開催で莫大な負債を背負うと、最後の一刺しにならないとも限りません。
そんなリスクを府民に背負わせていいのかね?

「かかる費用をしっかりコントロールして黒字を出す」という道が全くないとは言いませんが、おそらく万博を渇望している人たちは、真反対のことを期待しているはずで、うまくいくとは思えないんだよな。

個人的には、止めた方がいいと思う。

関連記事:
東京大改造マップ2020 最新版:東京おじさんぽ:So-netブログ



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

通りすがりでスミマセン

全くその通りだと思います。
今の外国人観光客も、2025年には他に行ってるだろうし、赤字しか期待できない。
舞洲を使いたい意図しか見えない万博に反対です。
こんな府に今年も税金を納める事が悲しいです。
by 通りすがりでスミマセン (2017-06-14 23:55) 

naniwa48

通りすがりでスミマセン さん、初めまして。
私自身は、大阪を離れて長いので、とやかく言う資格はないのですが、堺屋太一みたいなお年寄りが、夢を再びと誘致に熱心なのを見ると、不安がよぎりますね。

by naniwa48 (2017-06-15 18:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。