So-net無料ブログ作成
検索選択

東京五輪前に「SUPER NINTENDO WORLD」がUSJにオープン [娯楽施設]

スポンサードリンク




以前お知らせした、任天堂のテーマパークがUSJなどに作られるというニュース続報です。

l_yx_usj_01.jpg

USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」 東京五輪前にオープンへ - ITmedia ニュース

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に建設されるテーマパークの名前は、「SUPER NINTENDO WORLD」となるそうです。

任天堂のキャラクター「スーパーマリオ」の世界観をテーマにしたエリアとなり、米国オーランド、ハリウッドに先駆けて、まず2020年の東京五輪までに、大阪のUSJにオープンするとのこと。

500億円以上を投じ、パーク敷地内の駐車場の一部を利用するほか、パーク外にエリアを拡張した上で建築するそうです。
USJ全体総事業費が、1700億円だそうですから、一エリアとしては異例の開発規模であることが分かります。

また、「1階部分と2階部分に分かれた二層構造の巨大複合エリアになる」というので、どちらかというと屋内型のテーマパークになるのかもしれません。

任天堂の人気キャラやゲームの世界観を再現し、「最新技術を活用した世界初のライドアトラクション」に加え、来場者が自由にインタラクティブコンテンツを楽しめる、プレイグラウンドのようなイメージの「インタラクティブエリア」、ショップ、レストランも配置するそうです。

任天堂とUSJがタッグを組んで「クオリティに徹底的にこだわりぬいて再現する」ということなので、きっと世界が納得する面白さになるのは間違いないでしょう。

現状、家庭用ゲーム機のVRには否定的な任天堂ですが、その一方で、ARゲーム「ポケモンGO」で、人を屋外に向かわせた任天堂だけに、テーマパークでは、家庭では不可能な、本気のVRゲームやARゲームを手掛けてくる可能性はあるでしょう。

ただ、気になるのは、ここまでの報道で、マリオばかりが前面に出ていること。
個人的には、任天堂には、ゼルダやカービー、ドンキーコング、ポケモンなど、それ以外にも多彩な人気キャラクターがある筈で、そうしたものもいろいろ楽しめるテーマパークになることを希望したいな。

さらに、気になるのは、入場料。これだけの開発規模が掛けるとなると、その回収も大変そう。
かといって、これ以上、値上げされてもなぁ。

2017年USJチケット値上げ!8年連続の値上げ価格は?

USJの入場料は毎年上がっており、来年にも7,600円前後に値上げが予定されていますが、マリオエリアが誕生する頃には、それこそ1万円を超えるかも。
それとも、マリオエリアだけ、別料金になるのかな?

ディズニーランドの深刻な客離れ 4年連続の値上げが影響か - ライブドアニュース

TDRも、相次ぐ入場料の値上げは、不評だという。
一般家庭が、家族全員で行く費用を考えれば、そろそろ値上げも限界じゃないかな。
この辺の料金問題をどう解決するつもりなのかも、今後注目かも。

関連記事:
任天堂テーマパークがUSJに登場:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。