So-net無料ブログ作成
検索選択

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」開催中 [イベント]

スポンサードリンク




【訃報】伝説的ロックシンガーのデヴィッド・ボウイさんが死去 - GIGAZINE

昨年1月に亡くなったデヴィッド・ボウイ回顧展「DAVID BOWIE is」が、訃報からほぼ1年後に当たる2017年1月8日(日)からスタートし、4月9日(日)まで開催されるそうです。

bowie20160407_002.jpg

DAVID BOWIE is | デヴィッド・ボウイ大回顧展

会場は東京・天王洲の寺田倉庫G1ビル。
開催時間は、火~木・土・日・祝が、10:00~20:00(最終入場 19:00)で、金曜のみ10:00~21:00(最終入場 20:00)。
休館日は、期間中毎週月曜日(但し、1/9、3/20、3/27、4/3 は開館)。

てっきり、デヴィッド・ボウイが亡くなってから企画されたイベントかと思いきや、アルバム「ザ・ネクスト・デイ」をリリースした2013年より、母国のイギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館を皮切りにスタートしていた巡回展だそうで、それがたまたま亡くなった後、アジアでは初めて日本に回ってきたのだそうです。


手書きの歌詞、オリジナルコスチューム、ファッション、写真、映像、ミュージックビデオ、ボウイ所有の楽器など75,000点におよぶ所蔵品の中から厳選した300点以上の貴重な品々が展示されているらしい。

また、最後に、360度どこを見渡してもボウイのライブ映像で囲まれる「ショウ・モーメント」と呼ばれる、体感型展示も用意されており、ボウイのコンサート会場にいるかのように体感できるとのこと。

日本でも、基本的にはロンドンからの展示を継承しているようですが、

・最初の巡回展以降、ボウイが亡くなるまでの展示が追加されている
・関わりの深かった日本文化関係、特に、映画「戦場のメリークリスマス」の資料や、山本寛斎デザインの衣装など、日本独自の展示が追加されている
・入場者ひとりひとりに手渡されるヘッドフォンで、日本語の音声解説を聞きながら鑑賞できる

といった改善が加えられ、日本のデヴィッドボウイ・ファンには必見の展示会となっているようです。

また、元々、日本文化が大好きで、日本文化に強く影響を受けながら、音楽活動を続けてきたデヴィッド・ボウイだけに、様々な展示物に、思わぬ場所で隠れキャラのように「日本」が発見できる楽しみもありそうです。

チケット料金は、一般が2,400円、中学生・高校生が1,200円となります。

ちょっと高めな気はしますが、今後はもうないだろうと思える機会ですし、開催期間も長いので、都心方面に出張する機会があれば、立ち寄って見てみたいな、と考えています。金曜日なら、20時までに行けば入場できるし。
ただ、場所が天王洲というのがなぁ。もうちょっと行きやすい場所だったらよかったのに。


映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」、回顧展の前日より上映 - 映画ナタリー

なお、本イベントの開幕に合わせ、本展覧会のキュレーターが衣装や資料、映像にまつわるストーリーを明かすドキュメンタリー映画「デヴィッド・ボウイ・イズ」の再上映が行われるそうです。
ただし、1月13日(金)までの期間限定で、上映館も少ないので、見たい方は、上記サイトの情報を参考に、急ぎましょう。

関連記事:
君はマイウェイの歌の意味を知っているか?:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/DAVID BOWIE
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】David Bowie / Five Years 1969-1973...
価格:18900円(税込、送料無料) (2017/1/10時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました