So-net無料ブログ作成
検索選択

「藤沢えびね・やまゆり園」でエビネの花が見ごろ [観光スポット]

スポンサードリンク




やまゆり園-thumb-310x441-4286.jpg

ひそやかに咲く山野草を楽しむ「藤沢えびね・やまゆり園」4月12日(日)開園 - とことこタイムズ - とことこ湘南

藤沢市遠藤に、4月12日、様々な山野草が見られる植物園「遠藤まほろばの里 藤沢えびね・やまゆり園」がオープンしたそうなのですが、

250px-Calanthe_discolor2.jpg

エビネ - Wikipedia

ゴールデンウィークの今、ランの一種えびねの花が見ごろを迎えているそうです。

「藤沢えびね・やまゆり園」は、NPO法人「里地里山景観と農業の再生プロジェクト」が運営していて、遠藤地域の7,000平方メートルもの里山の景観を調査、保全しながら、植物園として公開しています。

エビネ、ヤマユリ、ヤマツツジ、ヒトリシズカなど約130種類の山野草が生息しており、ヤマアジサイだけでも約100品種が植えられているそうです。

4月一杯はヤマツツジやヤマブキ、5月はホタルブクロやヤマアジサイ、7月にはヤマユリ、ハギなどが見ごろを迎え、ゴールデンウィークの今の時期はちょうど園の名前にもなっている5,000株の「えびね」が見ごろを迎えているとのこと。

ホーム - NPO法人 里地里山景観と農業の再生プロジェクト

ちなみに、今年度の開園は8月末までだそうで、来年度の開園期間は追って公式サイトで発表されるようです。

開園期間:4月9日(日)~8月13日(日)

開園時間:午前9時~午後4時

場所:藤沢市遠藤4580

アクセス:湘南台駅西口1番バス乗り場から(湘23、湘24、湘25)慶応大学行きに乗車し、慶応大学停留所で下車し徒歩8分(かなり不便な場所ですので、車で行くことをお勧めします)

入園料:大人300円、小中高生200円, 未就学児無料(団体割引は20名以上/大人250円、小中高生150円)

基本、里山を公開するものなので、気軽に行ける場所ではありませんが、藤沢周辺で車が利用できる方で、自然の山野草に興味ある方は、行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:
初めて高尾山に登ってきました(2):東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

育てる調べる山野草2525種改訂版
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/5/3時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。