So-net無料ブログ作成

2017年開業予定のアミューズメント施設 [娯楽施設]

スポンサードリンク




2016年開業予定の東京周辺のアミューズメント施設:東京おじさんぽ:So-netブログ

2016年は、東京周辺だけでも、結構いろいろな新しいアミューズメント施設がオープンしたので、今年もどんな施設ができるか調べてみたのですが、

2017年オープン予定の大型施設まとめ!(テーマパーク、商業施設、など) - NAVER まとめ

関東エリアは、意外にも全然ありません。

【グランドオープン決定!】東京ディズニーシーの新規アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」 | 【公式】東京ディズニーリゾート・ブログ

まず、ディズニーシー内の新アトラクションとして、「ニモ&フレンズ・シーライダー」が、2017年5月12日にオープン。
以前、ストームライダーがあった場所だそうです。
また、同時に、新しいシーンを追加した「タートルトーク」もリニューアルオープン予定とのこと。

2017年東京ディズニーリゾートに新エリアオープン♪アナ雪も登場 | 4MEEE

また、東京ディズニーリゾートの開発構想が発表されまたのですが、東京ディズニーランドには、ファンタジーランドに「美女と野獣」と「不思議の国のアリス」をテーマにしたエリアができる模様。

東京ディズニーシーでは、新エリアとして、大ヒット映画「アナと雪の女王」の舞台となった北欧の世界ができるそうです。

今のところ新エリアの導入時期は2017年以降としか書かれておらず、具体的にいつオープンするのかは不明。
ただ、その規模の大きさを見る限り、2017年中にオープンする可能性は低い気がします。

【築地移転延期】観光拠点「千客万来施設」の設計中断を都が要請 豊洲盛り土問題で地下駐車場に懸念(1/3ページ) - 産経ニュース

豊洲の場外市場「豊洲千客万来市場」は、すしざんまいの撤退後、新たな事業者も万葉倶楽部に決まり、本来なら2017年にはオープンする予定でしたが、肝心の豊洲市場への移転問題が暗礁に乗り上げている余波で、「豊洲千客万来市場」の計画も中断しているようです。

新宿区立漱石山房記念館

新宿区立漱石山房記念館が、夏目漱石の生誕150周年を記念して、新宿区に、9月24日開館予定とのことです。
場所は、東京メトロ東西線早稲田駅の1番出口徒歩約10分だそうで、

常設展示としては、「道草」「明暗」の草稿、漱石の弟子・松根東洋城に送った葉書、画家・津田青楓作の「漱石先生像の画讃」、漱石の書籍の初版本などが予定されており、1階の導入展示は無料で見られるそうです。
また、随時、企画展示、講座なども行われるとのこと。

ISUZU:ミュージアム
藤沢に、いすゞ自動車の企業博物館「いすゞプラザ」がオープン!:東京おじさんぽ:So-netブログ

いすゞ自動車の企業博物館「いすゞプラザム」が、藤沢に、4月11日にオープンしたことは、すでにこのブログでも取り上げました。

「藤沢えびね・やまゆり園」でエビネの花が見ごろ:東京おじさんぽ:So-netブログ

また、「藤沢えびね・やまゆり園」も、藤沢に、4月12日にオープンしたことも、既にブログでご紹介しました。

ということで、今年の目玉かと思った「ムーミンテーマパーク」のオープンが2018年に延期になってしまったこともあり、東京周辺で目に付いた新しいアミューズメント施設の情報は、たったこれだけしかありませんでした。

これではあまりに寂しいので、東京周辺以外で気になる施設も、簡単にご紹介しておきます。

LEGOLAND? Japan - 2017年4月1日にオープン!

まず、2017年4月1日に、名古屋の金城ふ頭に、レゴモデルに触れて創作できる体験型テーマパーク「レゴランド」がオープンしました。

【悲報】レゴランドが不評・・・Twitterで炎上している5つの理由!【評判】 - NAVER まとめ

ただ、規模が小さい割に、入場料金が大人で6,900円って、最初からなかなか強気ですね。飲食品は持ち込み禁止で、中での飲食も高いということで、あまりいい評判を聞きません。

USJに新エリア「ミニオン・パーク」愛すべきミニオンたちが大量発生、ライド型アトラクションも | ファッションプレス

最近、勢いがあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、4月21日に、新エリア「ミニオンパーク」がオープンしました。
以前「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」があった場所だそうです。

兵庫県立淡路島公園アニメパーク『ニジゲンノモリ』7月開設 「自然環境×2次元コンテンツ×メディアアート」体験型エンターテイメント|株式会社パソナグループのプレスリリース

また、兵庫県淡路島の北部にある県立淡路島公園に、アニメパーク「ニジゲンノモリ」が、2017年7月にオープン予定だそうです。
立地の不利さをカバーするため、関空との間に、海賊船のシャトル便を走らせたり、USJとの間でシャトルバスを運行したりと、いろんなアイデアは出ていたのですが、

兵庫県立淡路島公園アニメパーク 【 ニジゲンノモリ 】

最終的には、「ナイトウォーク火の鳥」「クレヨンしんちゃん アドベンチャーパーク」という2つのアトラクションが誕生するという、かなり限定的な規模に落ち着いたみたい。


40分の空中旅行 世界最大の観覧車、日本に現る? | NewSphere|ニュースフィア

さらに、オランダの建築スタジオUNStudioが、「ニッポンムーン」という世界最大の巨大観覧車をデザインし、日本で建設する計画があるそうです。ただし、日本のどこに、いつごろ建設されるかなど、まだ詳細は不明。

ということで、2017年は、全国に枠を広げても、目立った新施設は多くありませんね。

「レゴランド」や「ミニオン・パーク」はそれなりに、人気を呼ぶでしょうが、我が家的には子供がもう大きいので、あまり興味なし。

そんな中、兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ が、個人的には多少気になる存在かな。
ただ、壮大なアイデアは色々ある一方、肝心の展示内容にあやふやな面もあり、あまり実績がない事業者の力量にちょっと不安も感じるな。

まあ、大阪には、墓参りなどでまた行く機会はあると思うので、その時、オープンしていたら、一度は遊びに行ってみるかもしれません。

関連記事:
2016年開業予定の東京周辺のアミューズメント施設:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テーマパーク&レジャースポットぴあ最新保存版
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/5/9時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました