So-net無料ブログ作成
検索選択

宇宙旅行がいよいよ本格化するらしい [旅行プラン]

スポンサードリンク




SpaceX、2人で月を往復する旅行を計画中 | TechCrunch Japan

宇宙旅行を計画している「SpaceX」が、人間が月を往復する旅行計画を発表している。
しかも、その乗客2人は、非公開だが既に決まっていて、お金も支払い済とのことで、夢物語ではない。

乗客はDragon 2カプセルに乗り、SpaceXの現在まだ設計中のFalcon Heavyロケットで打ち上げられるそうだ。

一体誰なのかな?

プロファイリングすると、莫大な資産を持っていているが、仕事はとっくにリタイヤし、子供たちも巣立って、お金の使い道がないが、寄付などは嫌。年齢も比較的若いかも、といった感じか。

さすがに、これは誰でも行ける訳ではない特殊なツアーにしても、宇宙を見るツアーであれば、まもなくスタートする。

news217342_pho01.jpg

宇宙旅行のご案内|クラブツーリズム・スペースツアーズ

全文表示 | 宇宙旅行、民間初のツアーが来年実現か 2500万円、日本から19人が予約済み : J-CASTニュース

英国の宇宙旅行会社「ヴァージンギャラクティック社」が、米国連邦航空局(FAA)に民間宇宙旅行の運航免許を2013年6月に申請し、現在飛行テストの最終段階という。

1回のフライトの搭乗者は6人で、飛行時間は2時間半。旅行者は、飛行中に数分間の無重力体験ができるが、そのツアーが2017年以降運航開始予定となっている。

参加料金は、一人あたり25万米ドル(3000万円弱)(宇宙旅行フライト費用と3日間の準備訓練費用が含まれる)。

参加条件は、18歳以上で一般的に健康な人間ということで、年齢上限もなく、ほぼ制限がない。
既に、500人以上が予約を済ませているそうです。

941d70623c0e3623e4be5a64682640f6-690x387.jpg

「気球で行く宇宙旅行」730万円から 2016年から開始

さらに手軽なツアーとしては、米国の「ワールドビュー」が、気球で行く宇宙旅行を2016年から開始するというニュースがあったが、現時点ではまだ始まってはいないようだ。

こちらは、気球で高度3万メートルに上昇し、宇宙から見たような地球の景色を楽しめる「成層圏旅行」が行えるという。
1回のフライトは約2時間で、費用は7万5000ドル(約730万円)だというから、「ヴァージンギャラクティック社」に比べればかなり安い。

気球のカプセルは8人乗りで、帰還時は飛行機などと異なり着陸するのではなく、自然落下するという。

高度30キロというと、いわゆる無重力体験はできないが、宇宙服を着ずに普段着のまま宇宙空間や、上空から見る地球などが見られるというのが狙いどころだ。

個人的には、金額を聞くと、宇宙旅行なんて今でも夢でしかないが、「ヴァージンギャラクティック社」も「ワールドビュー」も、既に予約待ちがたくさんある状態らしく、こうした宇宙旅行の企画は、今後どんどん増えそうだな。

関連記事:
宇宙旅行の時代は来るか?:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新企画は宇宙旅行! [ 古田靖 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/5/28時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました