So-net無料ブログ作成

渋谷にVRアミューズメント施設が続々と [娯楽施設]

スポンサードリンク




access_main.jpg

バンダイナムコのVR施設 激走レースのスリルに脱帽 - 日経トレンディネット

バンダイナムコエンターテインメントが、2017年7月14日、新宿歌舞伎町にVRアトラクションを中心にした巨大アミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」をオープンしたそうです。
入場は原則日時指定の予約制で、ウェブサイトで受け付けるそうです。

「VR ZONE SHINJUKU」は現時点でおそらく世界最大の、VR特化型アミューズメント施設で、1,100坪の敷地に立つ2階建ての建物には、15のアトラクションが並ぶそうです。

アトラクションには、ドラゴンボール、マリオカート、新世紀エヴァンゲリオン、機動戦士ガンダムといった人気IP(ゲーム・アニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産)を使ったものが多いのも、人気を集めそう。

さらに、VRと言っても、HMDを装着して遊ぶアトラクションだけでなく、プロジェクションマッピングを使ったアトラクションもあり、施設オリジナルのメニューが楽しめる飲食スペースや、オリジナルグッズの販売コーナーも用意されているそうです。

料金は入場料と4つのアトラクションをセットにした「1day4チケット」が4,400円となっていて、入場料大人800円、子供500円を払って、各アトラクションは個別に当日チケットで遊ぶこともできるそうです。

人気を呼びそうなのは、「マリオカート アーケードグランプリVR」「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」といった新作アトラクション。
特に、「マリオカート アーケードグランプリVR」は、路上の違法マリオカートが問題になっているだけに、任天堂としても早く実現したかったものでしょう。

また、営業終了したお台場ダイバーシティの「VR ZONE Project i Can」で人気だった「ガンダム VR ダイバ強襲」「VR-AT シミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」「極限度胸試し 高所恐怖 SHOW」「急滑降体感機 スキーロデオ」「ホラー実体験室 脱出病棟Ω(オメガ)」「VR シネマティックアトラクション アーガイルシフト」なども楽しめるそうです。

さらに、8月には、広い空間を自由に動き回って最大4名対4名でチームバトルをする「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊 ARISE Stealth Hounds」がオープン予定だそうです。

人気IP以外にも、

・自転車型の人力飛行機で空を飛ぶゲーム「極限度胸試し ハネチャリ」
・立ち乗り式のスクーターに乗って襲ってくる恐竜から逃げる「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」
・ルアーフィッシングをして対戦相手と釣果を競う「釣り VR GIJIESTA(ギジエスタ)」

さらに、「巨大風船爆発ルーム PANIC CUBE」「バーチャルリゾートアクティビティ トラップクライミング」などの、自分の体を動かして遊ぶアトラクションも用意されているそうです。

VR ZONE SHINJUKU

公式サイトはこちらで、アトラクションの予約も、こちらのサイトで会員登録して行います。

営業期間は2017年7月14日(金)~終了時期未定となっており、営業時間は、10:00~22:00(※最終入場時間21:00)だそうです。

場所は、東京都新宿区歌舞伎町1-29-1となっており、西武新宿駅から徒歩2分という歌舞伎町の真ん中にあるみたいです。

ハウステンボスが東京初進出 HIS渋谷に人気VR開設 - ITmedia エグゼクティブ

もう一つ、長崎の大型リゾート施設「ハウステンボス」を運営するハウステンボスが、東京初進出となる施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」(渋谷VRランド・バイ・ハウステンボス)を、6月24日、HIS渋谷本店内にオープンしたそうです。

「ハウステンボス」というと、2003年に破たんした後、HISが再建に乗り出してから順調に復活し、最近だと、ロボットだらけのホテルやレストランが話題を呼んでいます。

シブヤVRランド BY ハウステンボス | @MODI

こちらは、昨年3月にハウステンボス内にオープンしたVR体験施設「VRの館」の人気コンテンツ5種類を、東京・渋谷のHIS渋谷本店内に設置し、体験できるようにしたものだそうです。

料金は2,200円で、大都市の高層ビル街にそびえる鉄塔に設置されたジャンプ台から地球外に飛び出し、宇宙遊泳気分を味わえる「ウルトラ逆バンジー」など、5種類のコンテンツをのしむことができるらしい。
料金的には、4つのアトラクションが遊べて4,400円の「VR ZONE SHINJUKU」に比べ、割安感はありますね。

また、コンテンツはアンケートを実施して数カ月ごとに入れ替える予定だそうです。
さらに、渋谷VRランドが好調であれば、首都圏でのVRパークの多店舗展開も視野に入れているそうで、バンダイナムコの有力な対抗馬となりそうです。

これら以外にも、

VR SPACE : 渋谷初のVR体験型アミューズメントパーク

2016年11月に、渋谷初のVR体験型アミューズメントパークとしてオープンした「VR SPACE SHIBUYA」や、

渋谷に遊園地!?最新VRアトラクションを体験できるテーマパークが登場したぞ - 東京ルッチ

続いて、2016年12月にオープンした「VR PARK TOKYO」。

VR Cycle|サイクル & スタジオ アール 渋谷

VRエンターテインメントとフィットネスを融合した「VR Cycle」なんかもあり、渋谷は今や一大VRブーム。

ただ、規模とコンテンツ力の強さを考えれば、バンダイナムコの「VR ZONE SHINJUKU」の優位は揺るがないかな。

関連記事:
お台場に「機動戦士ガンダム」のVRアクティビティ「ダイバ強襲」登場:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

るるぶ東京観光’18【電子書籍】
価格:840円 (2017/8/7時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。