So-net無料ブログ作成

「リアルマリオカート」って任天堂公認じゃなかったのね [サービス]


ジパング 世界の反応 外国人: リアルマリオカートだ、、、東京の街でマリオカートに乗って走ってきたよ!海外の反応

以前から、「マリオカート」のカートに乗って、公道を運転できるサービスがあり、特に、外国人観光客に人気であることは知っていましたが。

“リアルマリカー”実施のカートレンタル会社「マリカー」に任天堂が訴訟 - ねとらぼ

そのうちの一つ「マリカー」という会社に対し、任天堂が不正競争行為と著作権侵害行為に該当するとして、訴訟を起こしたそうです。
てっきり、任天堂公認のサービスと思っていたら、違うらしく、今回の訴訟で、初めてそのことを知りました。

うーん、20年前ならともかく、現代の日本で、こうしたサービスをきちんとライセンスを結ばずにやるというのは、中国企業じゃないんだから、ちょっと恥ずかしい行為とさえ思うな。

“公道マリカー”会社 任天堂の訴訟に対し反論「不正競争・著作権侵害には該当しない」 - ねとらぼ

マリカー側では、社名は「マリオカート」の略称ではないし、マリオなどのコスプレ衣装を貸与しているのは、会社として用意したものではないから、ということで「不正競争行為および著作権侵害行為には該当しない」との主張ですが、言い訳で見苦しいものがあります。

過去の判例から見ても、こうした類似性の範疇であれば大抵侵害と見做されるし、任天堂は優秀な弁護士団を抱えているので、訴訟があった時点で、完璧に勝てる証拠は揃っていると見るべき。

これは、マリカー側が勝てる要素はないと思うけどなぁ。

そして、任天堂としては、最終的には、ライセンスを供与するのではなく、サービスを廃止させる方向に動くと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域