So-net無料ブログ作成

JR西日本が創業30周年記念「乗り放題きっぷ」発売 [クーポン・チケット]

sh_jrw_01.JPG

JR西、創業30周年記念の「乗り放題きっぷ」発売 - ITmedia ビジネスオンライン

JR西日本は、8月28日、創業30周年を記念し、同社の全路線で新幹線を含む特急と普通車の自由席が1日乗り放題になる切符「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を発売することを発表しました。
JRおでかけねっと 100万人突破記念キャンペーン

JR西日本のインターネット予約システム「e5489」上で、9月1日~10月15日にかけて予約を受け付けるそうです。

切符の利用可能日は、10月中の土日と祝日のうち1日のみで、利用希望者は、利用日の14日~1カ月前までに予約を終える必要があります。

利用できる路線は、山陽新幹線のほか、北陸新幹線も上越妙高駅以西のJR西日本管轄も利用できます。
その他、JR西日本全線に加えて、厳島神社などの観光に便利な「JR西日本宮島フェリー」や、兵庫県と鳥取県を結ぶローカル線「智頭急行線」なども乗り放題の対象となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

東大五月祭に行ってきた(4) 本郷キャンパスの周辺 [街歩き]

ついでなので、東大本郷キャンパスの周辺もぶらぶら「おじさんぽ」してみました。

2017-05-20 13.09.51.jpg

東京大学医学部附属病院 | HOME

まずは、東大に隣接する形で、東京大学医学部附属病院があります。
特に見学するような施設やイベントはありませんが、とりあえず、ここがいわゆる「東大病院」だって、ことで写真を撮影。

2017-05-20 14.18.10.jpg

弥生美術館・竹久夢二美術館

本郷キャンパスと、弥生キャンパスの間を通る言問通り沿いに、「弥生美術館・竹久夢二美術館」があります。
休館日は、月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替え期間中、年末年始で、開館時間は、午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)とのこと。
入館料は、一般900円/大・高生800円/中・小生400円で、両方の美術館を見学できるそうです。
また、美術館の構内には、ミュージアムショップや、夢二カフェ「港や」も併設されています。
弥生美術館は、挿絵画家・高畠華宵の作品を展示しているそうですが、あまり興味がなかったのと、入館料も安くなかったので、パスしてしまいました。

IMG_1519.JPG

文京区 お化け階段

弥生キャンパスの裏側に、上りと下りで段数が異なることから「お化け階段」として知られる坂道があるそうです。
これも知らなかったので、見逃した。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

東大五月祭に行ってきた(3) 五月祭 [学園祭]

campus_map.png

トップページ | 第90回五月祭

「五月祭に行ってきた」と言っておきながら、五月祭自体について何もご紹介していませんでした。

正直、土曜の午後は、人気の展示やイベントは自体物凄く混んでいて、入れそうになかったり、メインの通りは歩くだけでも時間がかかる状況だったので、たまたま見られた範囲で、気になったものをご紹介しておきます。

2017-05-20 12.02.13.jpg

飲食のお店が並ぶ通りは、この混雑状況。人気の食べ物は、長い行列ができていました。

2017-05-20 13.30.29.jpg

書道部や美術部、写真部の展示のように、どの大学でもあるような展示はもちろんあるのですが、その展示内容はさすがり立派なものが多いようです。

2017-05-20 13.12.27.jpg

ちょっと変わったところでは、これは医学部等の前にあった足湯コーナー。

2017-05-20 13.25.56.jpg

安田講堂前のステージでは、ミスコンなども含めた様々なイベントが行われていました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

京成電鉄「下町日和きっぷ」 [クーポン・チケット]

1024.jpg

【トピック】超オトク! 京成電鉄の「下町日和きっぷ」を使って、まだ知らない東京をめぐるワンデートリップ 500円で葛飾・墨田・台東・荒川・江戸川沿線さんぽ - トラベル Watch

「下町日和きっぷ」は、京成電鉄が発行する一日乗り放題のフリーきっぷですが、京成電鉄すべての路線が乗り放題という訳ではなく、都内エリアが1日乗り放題というもの。

エリアが制限される代わり、料金が500円と安く、例えば、日暮里駅~京成金町駅を往復するだけでも、通常運賃は520円なので、往復だけで元が取れてしまうほどお得です。

エリア外の京成線各駅からの往復チケットとセットになった「下町日和きっぷ」も、駅の券売機で買えるので、京成線沿線の方が、葛飾区、墨田区、台東区、荒川区、江戸川区を中心とした東京下町エリアを観光するには最適なフリーきっぷとなっています。

では、私のような京成線沿線以外の住民には役に立たないかというと、そうでもないのです。

京成線沿線以外の駅では、このきっぷを買えないので、まずは、別路線で京成線のどこかの駅に行き、そこの券売機で「下町日和きっぷ」を買う必要がありますが、多少不便でも、「東京おじさんぽ」で「下町日和きっぷ」を利用したくなるのは、京成線を利用しないと行けない東京下町の観光スポットが、意外に多いからです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

京王電鉄が「せいせき鉄道フェア」開催中 [イベント]

photo.jpg

京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターで「せいせき鉄道フェア」を開催! [PR] - プレスリリース - Number Web - ナンバー

京王電鉄が、8月19日(土)から8月27日(日)まで、京王線聖蹟桜ヶ丘駅に直結した京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターで「せいせき鉄道フェア」を開催しているそうです。

展示内容としては、次のようなものがあるそうです。

・本物の警笛や方向幕を操作できる体験コーナー
・乗務員に扮して記念写真を撮影できるフォトスポット
・京王線の新型車両5000系のパネル展示
・京王線のグッズ販売

また、8月26日(土)、27日(日)には、

・京王電鉄公式キャラクター「けい太くん」のキーホルダーが作れるワークショップ
・けい太くん・PASMOのロボットの着ぐるみによるグリーティング
・ミニSLの運行

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域