So-net無料ブログ作成

渋谷にVRアミューズメント施設が続々と [娯楽施設]

access_main.jpg

バンダイナムコのVR施設 激走レースのスリルに脱帽 - 日経トレンディネット

バンダイナムコエンターテインメントが、2017年7月14日、新宿歌舞伎町にVRアトラクションを中心にした巨大アミューズメント施設「VR ZONE SHINJUKU」をオープンしたそうです。
入場は原則日時指定の予約制で、ウェブサイトで受け付けるそうです。

「VR ZONE SHINJUKU」は現時点でおそらく世界最大の、VR特化型アミューズメント施設で、1,100坪の敷地に立つ2階建ての建物には、15のアトラクションが並ぶそうです。

アトラクションには、ドラゴンボール、マリオカート、新世紀エヴァンゲリオン、機動戦士ガンダムといった人気IP(ゲーム・アニメのタイトルやキャラクターなどの知的財産)を使ったものが多いのも、人気を集めそう。

さらに、VRと言っても、HMDを装着して遊ぶアトラクションだけでなく、プロジェクションマッピングを使ったアトラクションもあり、施設オリジナルのメニューが楽しめる飲食スペースや、オリジナルグッズの販売コーナーも用意されているそうです。

料金は入場料と4つのアトラクションをセットにした「1day4チケット」が4,400円となっていて、入場料大人800円、子供500円を払って、各アトラクションは個別に当日チケットで遊ぶこともできるそうです。

人気を呼びそうなのは、「マリオカート アーケードグランプリVR」「ドラゴンボール VR 秘伝かめはめ波」「エヴァンゲリオン VR The 魂の座」といった新作アトラクション。
特に、「マリオカート アーケードグランプリVR」は、路上の違法マリオカートが問題になっているだけに、任天堂としても早く実現したかったものでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域