So-net無料ブログ作成

2月1日からパンダ母子の観覧方法が整理券制による先着順に変更 [観光スポット]

logo.gif

2/1からジャイアントパンダ母子の観覧方法を整理券制による先着順に変更します | 東京ズーネット

上野動物園では、2017年12月19日からジャイアントパンダの子「シャンシャン」と母親「シンシン」を事前申込による抽選制で公開していましたが、母子の健康状態が安定しているため、2018年2月1日(木)から、9時45分から16時45分までに観覧時間を延長すると同時に、当面、観覧方法を整理券制による先着順に変更するそうです。

整理券配布場所は、「表門」近くの五重塔前で、9時30分の開園後、配布を開始し、1日約9,500枚を配布。
年齢にかかわらず1人1枚のみ受け取れます。
整理券には集合時間が記載されており(時間は指定不可)、その時間に、東園パンダ舎前に集まれば、受付で整理券を渡して見学ができるそうです。

整理券で見られるのは、東園パンダ舎の「屋外放飼場と室内2号室」(雨天時や荒天時は「室内2号室と室内3号室」)。

30分ごとにまとめて入場を案内し、観覧時間は1人あたり1~2分とのことです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

体験型イベント「Galaxy Studio」が今年も原宿でスタート [イベント]

01_o.jpg

体験型イベント「Galaxy Studio」、2018年も東京・大阪で開催 - ケータイ Watch

「Galaxy Studio」という体験型イベントを、サムスン電子ジャパンが2016年から毎年開催しているのですが、基本、企業の宣伝色が濃いイベントはあまりこのブログでは取り上げない方針なので、取り上げてきませんでした。

ただ、開催内容の充実ぶりを見ると、無料の企業の宣伝イベントの枠を超える内容があり、宣伝を超えて楽しめる気がしたので、初めて取り上げてみます。

Galaxy Studio | Events - Galaxy Mobile Japan 公式サイト

公式サイトはこちら。

関東では、2018年1月6日~9月下旬に、東京・原宿のBANK GALLERYで「Galaxy Showcase」という名称で開催されます。
一方、大阪ではグランフロント大阪北館ナレッジプラザにGalaxy Studio Osakaが、1月6日~2月12日に開設されるそうで、その後、各地での開催も計画されているそうです。

今回のイベントの内容は次の通り。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

東京・日比谷公園に「領土・主権展示館」がオープン [博物館・美術館]

日比谷公園に「竹島と尖閣諸島は日本領」主張する展示館をオープンへ?:東京おじさんぽ:So-netブログ

以前、東京の日比谷公園に「竹島と尖閣諸島は日本領」主張する展示館ができるらしい、というニュースを取り上げましたが、

竹島・尖閣資料館がオープン 東京・日比谷公園 「日本固有の領土」訴え - 産経ニュース

1月25日に、それがオープンしたそうです。名称は「領土・主権展示館」とのこと。

島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の関連資料を常設展示し、政府として「日本固有の領土」であると国内外に訴えるのが狙いだそうです。

約100平方メートルのスペースには、島根県・竹島と沖縄県・尖閣諸島の関連資料が約60点が展示されているらしい。

その中には、

・竹島を島根県の所管にすると決めた1905年の閣議決定文書
・明治時代に日本人が尖閣諸島を開発した様子が分かる写真を複製した展示品
・1919年に尖閣諸島付近で遭難した中国漁民を日本人が救助した際、中華民国駐長崎領事から贈られた「感謝状」の中に、尖閣が日本の領土だと認める記述がある資料
・サンフランシスコ平和条約の締結の際に竹島の領有権についてアメリカ側が韓国の主張を否定した書簡

などがあるという。

ちょっと引っかかるのが、例に挙げられた資料が、あたかも客観的な「日本固有の領土」の証拠であるかのような取り上げ方をされていること。

領土問題 - Wikipedia

領土の帰属に関しては、国際的な判定基準みたいなものが、すでに確立しているが、中国は、南シナ海などでも、そうした基準を無視して独自の理屈だけで自国の領土だと主張しているから、嫌われている。
日本は、そうした中国、韓国と同じ土俵に乗るのではなく、日本らしく国際的な規範に基づき、正々堂々と領土の主張は行うべきである。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

第3回「池袋鉄道模型芸術祭」が開催される [イベント]

第三回芸術チラJAM用表.jpg

日本鉄道模型の会 - コンベンションで鉄芸祭をご案内しています

池袋駅西口にある東京芸術劇場で、鉄道模型やジオラマ制作のマニアが集い、成果を見せ合うイベント「池袋鉄道模型芸術祭」が開催されるそうです。

主催は、特定非営利法人日本鉄道模型の会というところで、本当に、アマチュアが中心になって開催されるイベントみたいです。

上記サイトには、PDF形式の出展要項もリンクされていますので、ご自分で出展を希望される方は、ダウンロードしましょう。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 

西武鉄道と秩父鉄道が「長瀞早春おさんぽきっぷ」発売 [クーポン・チケット]

西武鉄道と秩父鉄道が「長瀞紅葉おさんぽきっぷ」を期間限定発売:東京おじさんぽ:So-netブログ

西武鉄道と秩父鉄道が、昨年秋の紅葉シーズンに発売した「長瀞紅葉おさんぽきっぷ」が好調だったのでしょうか、

西武鉄道と秩父鉄道、秩父・長瀞エリアで乗り降り自由の「長瀞早春おさんぽきっぷ」発売 長瀞散策や宝登山のロウバイ鑑賞に便利。3月21日まで - トラベル Watch

この春も、3月21日までの間、秩父・長瀞エリア内の指定区間が1日乗り降り自由になる「長瀞早春おさんぽきっぷ」を販売中だそうです。

フリー区間は、西武鉄道の芦ヶ久保駅~西武秩父駅間と、秩父鉄道の御花畑駅~長瀞駅間で、発行した駅からフリー区間までの往復は1回限り乗車可能となります。

きっぷは西武線各駅で、その駅発のきっぷが販売されます(小竹向原駅/芦ヶ久保駅/横瀬駅/西武秩父駅/多摩川線の各駅を除く)。

金額は発行する駅により異なりますが、池袋駅では大人2000円/子供1020円、所沢駅では大人1600円/子供820円とのことですので、おそらく昨年秋の「長瀞紅葉おさんぽきっぷ」と同じと思われます。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0)