So-net無料ブログ作成
検索選択
社会見学 ブログトップ
前の5件 | -

「いすゞプラザ」を見学してきた(3) その他の施設 [社会見学]

いすゞプラザ

「いすゞプラザ」の本館の建物以外には、次のよう施設もあります。

IMG_0636.JPG

エントランスホールの左手にある扉を出ると、まずは、「学びのさくら」といういすゞ藤沢工場開所当時からある古木が見られます。
行った日は、かなり散ってはいましたが、まだ花が残っていました。

IMG_0637.JPG

右手には、「プラザガーデン」として、藤沢市の里山を模した小川もある小庭が作られています。

IMG_0642.JPG

敷地内には、博物館とは別に、PLAZA annexという7階建ての高い建物もあります。
PLAZA annexの2階より上の宿泊施設は、いすゞ関係者専用みたいで、一般利用はできないようです。

IMG_0645.JPG

ただし、その1階にはSAKURA Cafe(サクラカフェ)というレストランがあり、こちらは一般利用も可能です。

IMG_0638.JPG

メニューは、こちらの通り、割と良心的なお値段だと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「いすゞプラザ」を見学してきた(2) 2階フロア [社会見学]

いすゞプラザ

いすゞプラザ」の2階は、2つに分かれた展示フロアががあり、

IMG_0582.JPG

IMG_0585.JPG

エスカレーターを昇ると、まずは、「いすゞのくるまづくり」フロアがあり、トラックの製造工程を順番に説明してくれる展示があります。

そして、トラックの技術的な説明を、子どもたちが遊びながら理解する施設がたくさん用意されています。

IMG_0598.JPG

これは、ドライブシミュレーター。

IMG_0588.JPG

これは、プロジェクションマッピングを利用し、車の塗装をムラなく行うというゲーム

IMG_0595.JPG

ディスクブレーキや、エンジンの原理を、触って学べる展示物など、さまざまな子供が遊んで学べる展示が並んでいます。

IMG_0606.JPG

これは2階の反対側のフロアに移動する通路。通路を抜けると、そこは「いすゞの歴史」フロアです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「いすゞプラザ」を見学してきた(1) 1階フロア [社会見学]

藤沢に、いすゞ自動車の企業博物館「いすゞプラザ」がオープン!:東京おじさんぽ:So-netブログ

先日ご紹介しましたが、

いすゞプラザ

いすゞ自動車が、藤沢市北部の本社工場そばにオープンした企業博物館「いすゞプラザ」に、先週土曜日に行ってきました。
オープン後、最初の土曜日ということで、開館時間の10時過ぎに到着したときには、既に10台近くの車が停まっていました。

IMG_0647.JPG

建物は、1階より2階が広いちょっと独特のデザイン。ヤマダ電機の標準的なお店ぐらいの、結構大きな2階建てです。

IMG_0524.JPG

入り口を入るとエントランスホールがあり、

IMG_0526.JPG

まずは右手の受付に並んで、代表者の氏名(カタカナ)などを記帳し、

IMG_0529.JPG

フロアガイドとシールを貰って、そのシールを胸などに貼って展示を見て回ります。

1階には、展示フロア以外に、次のような施設もあります。

IMG_0634.JPG

「藤沢市といすゞの歩み」の展示コーナー。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

藤沢に、いすゞ自動車の企業博物館「いすゞプラザ」がオープン! [社会見学]

ea0e32c494bcfcf68dab6e0617e1f3f99dbbfd4a.jpg

ISUZU:いすゞプラザがオープンしました

いすゞ自動車が、創立80周年記念事業の一環として、藤沢市北部の本社工場そばに、2017年4月11日(火)、コミュニティー施設「いすゞプラザ」を、オープンしたそうです。

「いすゞプラザ」は、いすゞの歴史のご紹介や貴重なレストア(復元)車両の展示とともに、商用車の役割や運ぶを支えるものづくりを見て・感じて・体験していただくことのできるミュージアムエリアと、ものづくり教室などの開催を通じ、いすゞと地域の皆様とのつながりを深めるためのコミュニティーエリアから構成されています。

とのことで、自動車会社である、いすゞ自動車のいわゆる企業博物館と言えるものです。

いすゞプラザ

公式サイトはこちら。

アクセス | いすゞプラザ

場所は、小田急江ノ島線などの湘南台駅西口にある藤沢北警察署の十字路を北に入ってすぐで、湘南台駅から徒歩でも20分以内で歩けると思いますが、湘南台駅東口のロータリーから、1時間に2本、無料送迎バスが出ているので、これを利用するのがいいでしょう(西口ではなく東口ですのでお間違いなく)。
もちろん、車でも行けて、来客用駐車場も14台分用意されているようです。

開館日時は、平日(予約制)が9:00~17:00、土曜/祝日(予約不要)が10:00~17:00。いずれも最終入場は16時。
日曜およびGW・夏季・冬季連休が休館日となっていますので、具体的な休館日は、上記公式サイトのトップページのカレンダーを見ましょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

樫尾俊雄発明記念館で「学びと遊びの電卓・電子辞書展」開催中 [社会見学]

img03_l.jpg

[HOME]一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館

樫尾俊雄発明記念館は、世田谷区にあり、カシオの創業メンバーの1人で発明家の樫尾俊雄氏(1925年~ 2012年)の自宅の一部を利用した展示館なのだそうですが、存在自体知りませんでした。

予約制で、常時オープンしている訳ではないからのようですが、理系人間には興味をそそる施設ですね。

ゲーム電卓で遊べるのはここだけ! カシオの電卓展 - 日経トレンディネット

カシオ計算機創立60周年記念企画として、その樫尾俊雄発明記念館で、「学びと遊びの電卓電子辞書展」という特別展が、開催されるそうです。
開催期間は、3月20日の「電卓の日」にちなみ、その翌日の2017年3月21日~5月10日までとのこと。

[見学のご予約・お問い合わせ] 一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館

入場は無料ですが、公式ウェブサイトから事前予約が必要です。ただ、既に結構予約は埋まっていて、すでに一部の平日の昼間しか空きはないみたいです。

特別展示では、カシオの歴代の電卓や電子辞書を見ることができるそうですが、一番の見所は、数々のゲーム電卓。
電卓という商品が、マイコンというLSIの発明の元になったことは有名ですが、マイコンを積んでいれば、当然ながら、電卓機能だけではなく、ボタン操作に応じて表示を動かしたり、音を出したりもできる、ということで、ソフトを組めばコストアップなしにゲームを入れることができます。そこで、電卓の付加価値づけとして、ゲームが付くようになりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 社会見学 ブログトップ