So-net無料ブログ作成
検索選択
社会見学 ブログトップ
前の5件 | -

樫尾俊雄発明記念館で「学びと遊びの電卓・電子辞書展」開催中 [社会見学]

img03_l.jpg

[HOME]一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館

樫尾俊雄発明記念館は、世田谷区にあり、カシオの創業メンバーの1人で発明家の樫尾俊雄氏(1925年~ 2012年)の自宅の一部を利用した展示館なのだそうですが、存在自体知りませんでした。

予約制で、常時オープンしている訳ではないからのようですが、理系人間には興味をそそる施設ですね。

ゲーム電卓で遊べるのはここだけ! カシオの電卓展 - 日経トレンディネット

カシオ計算機創立60周年記念企画として、その樫尾俊雄発明記念館で、「学びと遊びの電卓電子辞書展」という特別展が、開催されるそうです。
開催期間は、3月20日の「電卓の日」にちなみ、その翌日の2017年3月21日~5月10日までとのこと。

[見学のご予約・お問い合わせ] 一般財団法人樫尾俊雄記念財団 樫尾俊雄発明記念館

入場は無料ですが、公式ウェブサイトから事前予約が必要です。ただ、既に結構予約は埋まっていて、すでに一部の平日の昼間しか空きはないみたいです。

特別展示では、カシオの歴代の電卓や電子辞書を見ることができるそうですが、一番の見所は、数々のゲーム電卓。
電卓という商品が、マイコンというLSIの発明の元になったことは有名ですが、マイコンを積んでいれば、当然ながら、電卓機能だけではなく、ボタン操作に応じて表示を動かしたり、音を出したりもできる、ということで、ソフトを組めばコストアップなしにゲームを入れることができます。そこで、電卓の付加価値づけとして、ゲームが付くようになりました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サントリー「東京・武蔵野ブルワリー」の工場見学 [社会見学]

musashinobeer_17_20160323-700x468.jpg

リニューアルオープンするサントリー「武蔵野ビール工場」改め「〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」を見学 予約制の見学コースには工場直送ビールの試飲も - トラベル Watch

東京都内では、工場見学ができるビール工場は、東京都府中市にあるサントリーの「武蔵野ビール工場」だけなのだそうで、昨年は約10万人の見学者が訪れたそうです。

その「武蔵野ビール工場」が、2017年2月1日から施設改装のため工場見学を休止していましたが、3月14日に、名前も新たに「サントリー〈天然水のビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」として、リニューアルし、再開するそうです。

この工場は、今や大人気の「ザ・プレミアム・モルツ」の誕生の地でもあり、見学コースも、「ザ・プレミアム・モルツ」をメインにフィーチャした形にリニューアルされたようです。

ちなみに、この3月14日は、リニューアルされた「ザ・プレミアム・モルツ」の発売日でもあるようです。


工場の外観も、ガラス張りで製造工程の一部が外からも見えるようにガラス張りに一新され、工場見学のガイドツアーでは、「ザ・プレミアム・モルツ」に関する動画を見たり、ガイドさんつきで製造工程を見学でき、最後には「ザ・プレミアム・モルツ」がおつまみ付きで試飲できるようです。

それ以外にも、「ザ・プレミアム・モルツ」の壁面模型での記念撮影や、工場直送ビールやオリジナルグッズなど土産物が買える「ブルワリーショップ」などもあり、「ブルワリーショップ」は、工場正門でそう伝えれば、予約なしでも入れるそうです。

武蔵野ビール工場 工場見学へ行こう サントリー

最寄り駅はJR南武線府中本町駅か、京王相模原線分倍河原駅で、府中本町駅からは徒歩15分で、分倍河原駅からは、「武蔵野ブルワリー」までの無料の往復シャトルバス(工場見学を予約した人のみ対象)が出ているそうです。
一般的には、分倍河原駅の方が楽そうですが、神奈川県方面から行く人は、ほとんど京王電鉄で降りる人はいないでしょうから、府中本町駅から歩く、あるいは、タクシーに乗る人が多そうです。

2017年3月25日(土)見学ツアー・セミナー 一覧|サントリー 武蔵野ビール工場

ちなみに、ガイドツアーの予約は、こちらの公式サイト、または、公式サイトに掲載された電話番号からどうぞ。
ツアーは無料で、見学再開が発表されたばかりということで、土曜日以外は、今ならまだ、予約は取りやすい状況のようです。

ヱビスビール記念館 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

なお、東京都内に、他にもビール工場があった気がしたので確認したら、恵比寿駅近くの「ヱビスビール記念館」は、元々工場でしたが、今は作っていないみたいです(というより、恵飛須ガーデンプレイス全体が、ビール工場跡地にできたというのが正しい)。
記念館は無料で自由見学も可能ですが、ヱビスツアーを予約すれば、大人500円で、ビールの製造工程や歴史をツアー形式で見学でき、最後に、ヱビスビールの試飲もできます。
ヱビスツアーの予約は、平日の最終17:10からの回もあり、ちょっと早めに仕事を切り上げて、お仕事帰りに立ち寄ることもできる人もいるでしょう。
私も、ここは、たまたま恵飛須ガーデンプレイスで仕事があり、その帰りに、同僚と一度ツアーに参加したことがあります。
ツアーの最後、ビールは2杯まで試飲(と言っても普通のサイズのグラス)でき、おつまみも付きます。
その後、併設されたレストラン「テイスティングサロン」で、飲み会に突入してしまったのは、言うまでもありません。

東京都から行けるビール工場見学6選--生ビールの無料試飲に夜の工場見学も | マイナビニュース

ところで、エリアを東京周辺にまで広げると、工場見学ができるビール工場は、さらにあります。

千葉工場 | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

千葉県船橋市のサッポロビール千葉工場も、予約すれば見学できるが、試飲とお土産の付いた「黒ラベルツアー」が参加費500円となっています。千葉ビール園というビアレストランも併設しています。

キリンビール 横浜工場|キリンの工場見学|エンタメ・レシピ|キリン

横浜市の生麦駅近くのキリンビール横浜工場も、予約すれば見学でき、見学は無料。レストランビアポートも併設されています。
立地は非常に便利な場所にあるので、個人でも手軽に電車で足を運べそうです。

ビール工場見学|神奈川工場|アサヒビール

神奈川県南足柄市にあるアサヒビール神奈川工場も、予約して見学可能で、見学は無料。
ただし、最寄駅から遠いので、個人ではちょっと行きづらいかも。よく、安いバスツアーに、この状況見学が組み込まれていたりはしますので、それを利用するのがいいでしょう。

関連記事:

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」を開催 [社会見学]

shutoko.png

「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」をクイーンズスクエア横浜で開催 2月4日~5日開催、入場無料 - トラベル Watch

2月4日(土)~5日(日)に、横浜・みなとみらいのクイーンズスクエア横浜で、「首都高環境フェア2017 in みなとみらい」が開催されるそうです。

首都高環境フェア2017 in みなとみらい イベント情報 | 首都高環境サイト shuto-E-co

会場はクイーンズスクエア横浜の中央にある広場「クイーンズサークル」で、最寄駅は みなとみらい線みなとみらい駅で、桜木町駅からも歩けます。
開催時間は両日とも11時~18時で、入場は無料です。

会場では「首都高環境クイズラリー」「リサイクルプロジェクト」「サーキュレーション首都高」の展示、ステージイベントなどが行われ、首都高の環境への取り組みが紹介されるそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

一般公開が拡大される公共施設 [社会見学]

迎賓館赤坂離宮見学・一般公開が通年開催に:東京おじさんぽ:So-netブログ

以前、赤坂迎賓館の公開が拡大され、予約なしでも見学できるようになるというニュースを取り上げましたが、それ以外にも公開が拡大される施設がいろいろあるみたい。
インバウンド需要を取り込みたい、というところでしょうか。

赤坂迎賓館や京都御所も!一般公開が拡大される15施設まとめ | ガジェット通信

上の記事では、東京では、赤坂迎賓館(港区)、総理大臣官邸(千代田区)、皇居(千代田区)、皇居東御苑(千代田区)、馬車列(信任状捧呈式の際)(千代田区)、大本営地下壕跡(新宿区)、日本銀行(中央区)が取り上げられていますが、

皇居は、春にもあった乾通りの一般公開などを指して言っているのかもしれません。皇居東御苑は、以前から一般公開されており、何が拡大されるのかはよく分かりません。

日本銀行も、以前から予約制で公開されていて、今のところ何かが拡大されるかはアナウンスはないようです。

首相官邸の特別見学を実施します! | 首相官邸ホームページ

一方、首相官邸は、これまで8月のみ見学を実施していましたが、今年から9月以降も毎月実施するそうです。ただし、対象は、小中校、高校生の団体のみなのは、変更なしです。

信任状捧呈式の際の馬車列 - 宮内庁

信任状捧呈式の際の馬車列については今でも道路わきから見られるはずですが、今後は事前にも情報を広く公開するそうです。

slide_445522_5918340_free.jpg

大本営地下壕を公開 東京・市谷、防衛省敷地内

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

【本日締切】綾瀬市まち歩きツアー「テクっとあやせ」 [社会見学]

神奈川県の綾瀬市が、どんな市かというと、住民でもなければなかなか明快な回答ができる人は多くないかもしれません。

神奈川県民であれば割と知られているのは、藤沢市、大和市、海老名市、横浜市に囲まれながらも、市内に鉄道の駅がないことと、名前からの誤解で案外知られていないが、厚木基地の大部分があることぐらいか。
綾瀬市民は何人か知っているから分かるが、いずれも、綾瀬市民には物凄いコンプレックスらしい。

ただ、比較的工場が多い工業都市であり、それを観光に生かそうという意図があるのだろうか、面白いツアーが企画されています。

tekuteku.jpg

まち歩きツアー 【ものづくりの街 テクっとあやせ】 - 綾瀬市役所

綾瀬市まち歩きツアー「テクっとあやせ」は、綾瀬工業団地にある工場を巡り、ものづくりの現場を間近で見て体験するツアーだそうです。

日時は、平成28年9月10日(土)の8時30分から13時で、雨天決行、荒天中止とのこと。
参加対象は、市内外問わず参加可能ですが、小学校3年生以下は要保護者同伴。
定員は50名で、応募多数の場合は抽選となるそうです。
参加費は、大人(中学生以上)600円、子供300円となります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 社会見学 ブログトップ