So-net無料ブログ作成

「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL in SHIBUYA 2018」を開催 [イベント]

MMNF2018im1.jpg

3月24日(土)、25日(日)に、渋谷・原宿エリア一帯で、「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL in SHIBUYA 2018」というイベントが開催されるそうです。

どんな趣旨のイベントなのか、タイトルからは分かりにくいのですが、「『もしもしニッポンプロジェクト』が世界に向けて仕掛けるジャパニーズポップカルチャーの祭典」とのこと。

主な会場は、4つあります。

(1)ラフォーレミュージアム原宿
「ファインド、ニッポンのカワイイ」をテーマにHarajuku kawaii market を開催し、ファッション・ビューティ・占い・DIYなど、様々な体験ブースをご用意するそうです。
三戸なつめが出演する「とびだせ!絵本ショー」などのステージイベントや、ステージ出演者の私物を販売するフリーマーケットも開催されるそうです。

(2)穏田神社
お祭りフードやヨーヨー釣りなどの屋台などの縁日が開催されます。
また、神社にステージが作られ、和太鼓や、様々なキャラクターが出演するキャラクターDJフェスが開催されるそうです。

(3)タワーレコード渋谷店
B1Fの「CUTUP STUDIO」では、「MOSHI MOSHI NIPPON」と著名なキュレーターが協力してステージを実施。
また、屋上特設ステージでは「MOSHI MOSHI NIPPON」自身がキュレーターとなり、日本の KAWAii を詰め込んだアイドルステージや、Zeebraがキュレーターとなり、チーム対抗による 3on3 の勝ち抜きMC BATTLEも実施。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「週刊少年ジャンプ展VOL.2」は4月28日(土)スタート [イベント]

創刊50周年記念・週刊少年ジャンプ展開催:東京おじさんぽ:So-netブログ

昨年、六本木・ 森アーツセンターギャラリーで行われた「週刊少年ジャンプ展」のVOL.1は、創刊から1980年代の名作漫画を取り上げ、かなりの人気を呼んだが、その第2弾が間もなく開催される。

top.png

『少年ジャンプ展VOL.2』は90年代に焦点 スラダン、幽白、DBなど原画展示 - 書籍ニュース : CINRA.NET

その「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展 VOL.2-1990年代、発行部数653万部の衝撃-」の詳細が発表されたようなので、ご紹介します。

今回は「ジャンプヒーロー」たちが人気を博し、最大発行部数653万部を記録した1990年代にフォーカスしたものになります。
『DRAGON BALL』『SLAM DUNK』『幽☆遊☆白書』などの原画が展示されるほか、尾田栄一郎、岸本斉史、久保帯人、許斐剛、島袋光年といった2000年代の『週刊少年ジャンプ』を担う5作家の初期作品を展示するコーナーも設置されるそうです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

映像アート展「ストップモーション アニミズム展」が開催中 [イベント]

DM_small0124.compressed.jpg

「ニャッキ!」作者と東京藝大卒業生らによる立体アニメーション展が横浜で開催 : 映画ニュース - 映画.com

NHKのEテレの人気キャラクタ「ニャッキ!」で知られるアニメーションディレクターで、東京藝術大学教授の伊藤有壱氏が企画する映像アート展「ストップモーション アニミズム(STOP MOTION ANIMISM)展」が、3月4日から横浜にあるギャラリー「FEI ART MUSEUM」で開催されているそうです。

ストップモーションアニメーションというと、一般にクレイアニメとも呼ばれ、最初は粘土で作ったキャラクターを、一コマ一コマ、徐々に動かしながら撮影することで、アニメーションを作る手法で、セル画によるアニメとは違った、立体的でありながら、独特の動きを表現でき、熱烈なファンも多いジャンルです。

今回は、第89回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされた「ぼくの名前はズッキーニ」や、今年のベルリン映画祭で披露されたウェス・アンダーソン監督最新作「犬ヶ島」など、映画界で話題を集めるストップモーションアニメーションの現在にスポットを当てた展覧会となっているそうです。

さらには、伊藤氏の作品と、2008年にスタートした国立教育機関「東京藝術大学大学院映像研究科」のアニメーション専攻立体ゼミ修了生の学生時代、現在の作品が紹介されるとのこと。

続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

3月に「JR久留里線スタンプラリー」を開催 [イベント]

180220_jrekururisr_01.jpg

「JR久留里線スタンプラリー」3月開催 5個集めてゴールすると先着で参加賞贈呈 | 乗りものニュース

千葉県の君津市は、ローカル線「JR久留里線」のスタンプラリーを、久留里線の活性化を目的として開催するそうです。
主催は、君津市の企画制作部企画政策課が事務局を務める久留里線活性化プロジェクト実行委員会。

「JR久留里線」は、木更津駅と上総亀山駅を結ぶ32.2kmの路線で、途中、木更津市、袖ケ浦市、君津市を通りますので、君津市としては、「木更津駅からさらに君津市まで足を伸ばして遊びに来て!」という意図なのでしょう。

スタンプラリーは、今回新たな試みだそうで、3月1日(木)から31日(土)まで開催されます。

参加者は、久留里線の有人駅である木更津駅、横田駅、久留里駅のいずれかで無料のスタンプ帳を入手し、馬来田駅と上総亀山駅を加えた計5駅すべてのスタンプを集めることが目的になります。

全てのスタンプを押したうえで、ゴールの木更津駅か久留里駅にスタンプ帳を持参すると、参加賞として先着400人に久留里線のオリジナルミニタオルがプレゼントされるほか、抽選で10人にJR東日本千葉支社のキャラクター「駅長犬」のタオルが当たるそうです。

さらに、期間中、沿線の風景をSNSに投稿すると沿線市キャラクターのぬいぐるみが抽選で当たるキャンペーンも同時に開催されるそうです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

厚木基地の「日米親善春まつり」は今年で最後になるのか? [イベント]

日米親善春祭り2017【Lets】レッツエンジョイ東京

2017年8月19日(土) 厚木基地「日米親善アメリカンフェスティバル&盆踊り」:パーティアニマルズ ~国際交流 イベント情報館~:So-netブログ

毎年春に行われる厚木基地の「日米親善春まつり」と、夏に行われる「日米親善アメリカンフェスティバル&盆踊り」は、普段は立ち入る事の出来ない米海軍と海上自衛隊の厚木基地に入れる年に一度の貴重な機会です。

一度は行ってみたいと思っていたのですが、物凄く混雑するというし、我が家から行くには、電車でも車でも不便で、なかなか行く決心がつかず、ここまで来てしまいました。

2017年で見納めになるかも 厚木・日米親善春祭り | HARUKAZE

ところがこの記事によると、現在、厚木基地に駐留している米海軍航空隊は、2017年より順次、岩国への移動を開始しており、2018年春頃に全部隊の移駐が完了するという予定であり、「日米親善春まつり」も2017年が見納めになるかも、とのこと。

厚木基地 日米親善春まつり 2018 | FlyTeam イベント情報

もう今年はないのか?と、不安になり調べると、今年も「日米親善春まつり 2018」は開催され、開催日は2018年は4月30日(月)4月21日(土)に決定しているようで、ホッとしました。
ただ、米軍がまもなく岩国に移転するのは既定事実みたいですので、今年が本当に見納めになる可能性は高そうです。

そうなると、最後に一度は見ておきたくなるのは、偽らざる心情。

4月30日(月)は、振替休日で会社も休みだし、奥さんも仕事がないため、夫婦で行けそうなので、現在、行く気満々です。

厚木基地自体は大変広く、南北に長いのですが、日米親善春まつりで入場できるのは、相鉄相模大塚駅から徒歩20分の、北側の門のみみたいなので、藤沢市の我が家からは非常に遠回りになってしまいます。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:地域