So-net無料ブログ作成
検索選択
クーポン・チケット ブログトップ
前の5件 | -

「JR北海道日帰り周遊パス」発売 [クーポン・チケット]

jr.png

JR北海道、3000円で全線乗り降り自由の「JR北海道日帰り周遊パス」発売 利用期間は4月上旬~6月上旬の日曜日、特急券を追加購入すれば北海道新幹線も乗車可能 - トラベル Watch

JR北海道が、北海道新幹線開業1周年を記念して、3月26日から6月3日の間、全線乗り降り自由の「JR北海道日帰り周遊パス」を発売するそうです。

利用できるのは、4月9日~6月4日のゴールデンウィーク期間を除く日曜日限定、快速を含む普通列車の自由席が1日乗り放題になる乗車券タイプのフリーパスで、大人3,000円、子供1,500円。
さらに、特急券を追加購入すれば北海道新幹線、各種特急列車も乗車可能とのこと。

発売箇所は、JR北海道の主な駅のみどりの窓口・旅行センター・指定席券売機・主な旅行会社とJR東日本(東日本旅客鉄道)新青森駅のみどりの窓口・指定席券売機。また、新幹線や特急列車の予約はWebサイトの「えきねっと」でも購入可能だそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

JR東日本30周年記念パス&入場券を発売 [クーポン・チケット]

国鉄民営化で、JR東日本が誕生してから、今年4月1日(土)で、会社発足30周年を迎えるそうです。

170307_jre30pass_01.jpg

「JR東日本30周年記念パス」発売へ 連続3日間、普通列車乗り放題 | 乗りものニュース

それを記念して、「JR東日本30周年記念パス」を発売するそうです。

JR東日本の全路線に加え、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行の普通(快速含む)列車普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)が、連続3日間乗り放題になるきっぷとのこと。
また、特急券などを別途購入すると、新幹線や特急列車も利用できます。
ただし、このきっぷでは北海道新幹線(新青森~新函館北斗)や北陸新幹線の上越妙高~金沢間、東海道新幹線は利用できないそうです。

価格は大人13,000円、子供3,000円。

発売期間は6月21日(水)から7月26日(水)までで、利用期間は7月21日(金)から7月31日(月)まで。
利用開始日の1か月前から3日前までの期間、JR東日本の主な駅にある指定席券売機や「みどりの窓口」「びゅうプラザ」、および主な旅行会社などで発売されるそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2017年度「大人の休日倶楽部パス」発売 [クーポン・チケット]

ttl-ticket-clubpass-h1.jpg

JR北海道とJR東日本、フリーエリア&期間内乗り降り自由の2017年度「大人の休日倶楽部パス」発売 北海道新幹線の開業1周年を記念した特別設定も - トラベル Watch

JR北海道とJR東日本は、2月20日、2017年度の「大人の休日倶楽部パス」の発売予定を発表しました。

このチケットは、JR東日本が運営する50歳以上を対象とした会員制度「大人の休日倶楽部」の会員向けに枚数限定で発行されるもので、対象路線の新幹線を含む特急列車などの普通車自由席が乗り降り自由になるお得なチケットです。
自由席だけでなく、事前に座席指定をすれば、普通車指定席が6回まで利用できるというのも、特徴の一つ。

2017年度は、今春に開業1周年を迎える北海道新幹線の開業1周年を記念して特別設定された「北海道新幹線開業1周年 大人の休日パス」や、首都圏からの北陸新幹線普通車指定席往復と北陸フリーエリアがセットになった「大人の休日倶楽部会員限定 北陸フリーきっぷ」も発売されます。

販売枚数は、「大人の休日倶楽部パス(東日本・北海道)」「大人の休日倶楽部パス(東日本)」「大人の休日倶楽部パス(北海道)」の合計で、利用開始日ごとに3万枚を上限とし、上限に達した場合は販売終了となるそうです。
なお、購入後に利用開始日の変更は、変更先の日程が上限に達していない場合で、有効期間内で未使用の場合に限り、有効期間開始日の前日まで1回のみ取り扱いが可能で、そうでない場合は不可能となるそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

JR北海道とJR東日本で連続7日間乗り放題の「北海道&東日本パス」 [クーポン・チケット]

01.jpg

JR北海道とJR東日本、連続7日間乗り放題の「北海道&東日本パス」を2017年も発売 特急券の追加購入で新幹線普通車の空席利用も - トラベル Watch

JR北海道とJR東日本が、2017年の「北海道&東日本パス」の発売予定を発表しました。

このきっぷの利用区間は、JR北海道・JR東日本エリア、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線の普通・快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)で、それらが最初の入場から連続7日間、乗り降りが自由となります。

また、新幹線でしか通れなくなった新函館北斗駅~新青森間駅の間も、北海道新幹線を、特定特急券を購入すれば普通車の空席が利用できるとのことです。

価格は大人10,850円、小児5,420円です。
発売は、JR北海道・JR東日本の主な駅、旅行センターや旅行会社など。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2017年度の「青春18きっぷ」の利用期間 [クーポン・チケット]

kippu.jpg

2017年度の「青春18きっぷ」の春・夏・冬の発売と利用期間をJR各社が発表 春季の利用期間は3月1日~4月10日で2月20日発売、北海道新幹線オプションもあり - トラベル Watch

JR各社が、「青春18きっぷ」の2017年度の発売および利用スケジュールを発表しました。
「青春18きっぷ」は、全国のJR線の普通列車、快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗車できるチケットで、発売額は11,850円。

1枚のきっぷで5回まで利用可能です。
ただし、1回の使用で、1人1日の乗車日当日の乗り降り自由で、1人で5日間利用してもいいし、5人が同一行動で1日間利用することも可能とのことで、旅行好きなビンボー学生にはありがたいとくとくチケットです。

今年の発売は次の通り。

春季:
発売期間:2017年2月20日~3月31日
利用期間:2017年3月1日~4月10日

夏季:
発売期間:2017年7月1日~8月31日
利用期間:2017年7月20日~9月10日

冬季:
発売期間:2017年12月1日~12月31日
利用期間:2017年12月10日~2018年1月10日

さらに、本州と北海道の間を走る従来線がなくなったことから、本州と北海道を行き来するため「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も発売されます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - クーポン・チケット ブログトップ