So-net無料ブログ作成

東京ディズニーランドが2020年に向けた大規模開発に着手 [娯楽施設]

ディズニーR、客離れ深刻…アトラクション「飽き飽き感」で顧客満足度低下か | ビジネスジャーナル

2年連続の入園者数減となった東京ディズニリゾートですが、東京ディズニーランドの、2020年春に向けた大規模開発に着手するそうです。

新アトラクション「ソアリン」を2019年度に導入!東京ディズニーシー今後の開発計画を発表 | Disney Colors - Blog

東京ディズニーシーに関しては、すでに2017年5月12日に「ニモ&フレンズ・シーライダー」、2019年には大型アトラクション「ソアリン」を導入する計画が表明されていますが、それに続いて、今回、東京ディズニーランド側の計画も発表されました。

東京ディズニーランド、「美女と野獣エリア」など2020年春に向けた大規模開発に着手 「グランドサーキット・レースウェイ」などの跡地を整備 - トラベル Watch

主な内容は次の通り。

・ファンタジーランドの新エリアとして「美女と野獣エリア(仮称)」(大型アトラクション、ショップ、レストラン)を新設
・ライブエンターテイメントシアターを新設
・トゥモローランドに、「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションとポップコーンの専門ショップを新設
・トゥーンタウンに、ミニーマウスに会える新たなキャラクターグリーティング施設を新設

今年の1月11日にクローズしたトゥモローランドの「グランドサーキット・レースウェイ」の跡地周辺を再開渇するもので、具体的なエリアは次の通り。

c4ca4238a0b923820dcc509a6f75849b.jpg

【ニュース!】今後の施設開発計画について | 【公式】東京ディズニーリゾートサイト

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

オリエンタルランドが「首都圏ウィークデーパスポート」発行 [娯楽施設]

shutoken2015_campaign.jpg

「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のどちらかに大人1000円引きで入園できる「首都圏ウィークデーパスポート」発売 中人900円引き、小人700円引き。期間など限定の平日対象チケット - トラベル Watch

このところ、チケットの頻繁な値上げが不評のオリエンタルランドですが、それを少しでもカバーしたいのか、期間限定の割安のチケットを発行するそうです。

「首都圏ウィークデーパスポート」という名称で、4月6日~7月14日の平日のみ、「東京ディズニーランド」「東京ディズニーシー」のどちらかのパークに入園できるパスで、販売期間は3月6日~7月14日とのこと。
平日のみとはいえ、7月14日までというから、地域や学校によっては、すでに夏休み期間中になっている方もいるかもしれません。

期間限定の代わりに、価格が、通常の1デーパスポートが大人7,400円、中人6,400円、小人4,800円のところ、大人6,400円、中人5,500円、小人4,100円と、大人で1,000円も安い設定となっているそうです。

購入できるのは、「首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、栃木県、山梨県)在住・在勤・在学者を対象とする」ということですが、「身分証明書を見せろ」とも書かれていませんので、どのようにして確認するのかは、よく分かりませんでした。

ただ、販売場所が、「東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー各パーク入口のチケット販売窓口、東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト(ディズニーeチケット)首都圏のJR主要駅、主な旅行会社、首都圏の私鉄、主なコンビニエンスストア、ディズニーストア(一部店舗を除く)ほか」とあるので、それらの販売所で買えば、そう扱われるだけのことかもしれません。

なお、対象期間中には、6月14日まで「ディズニー・イースター」が開催され、6月15日~7月7日には「ディズニー七夕デイズ」などのイベントが開催されるそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

渋谷に「VR PARK TOKYO」がオープン [娯楽施設]

vrpark.jpg

渋谷駅そばにVR施設を開設 “脱ゲーセン”を目指す - 日経トレンディネット

渋谷駅に近いビルの4階という、非常に気軽に行けそうな場所に、VRを使ったアミューズメント施設が誕生しました。

。料金は1人で利用する場合は3300円、2人以上で利用する場合は1人につき2900円で、70分間遊び放題。各日とも10時30分から22時30分までを10の枠に分け、1枠の定員は30人、70分ごとの完全入れ替え制にしている。
VRを“脱ゲームセンター”のコンテンツに

「VR PARK TOKYO」という名称で、ワンフロア323平米のスペース。

ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着し、1~4人で体験する野球盤やお化け退治などを題材にしたVRゲームが6種類並ぶそうです(12月下旬~2017年1月初旬に、バンジージャンプを仮想体験できるゲームも追加予定)。

「VR PARK TOKYOは、ゲームセンターなどアミューズメント施設の運営を行アドアーズと、スマホゲームで有名なグリーとの協業によって実現したそうです。
アドアーズとしては、ゲームセンターの集客は低下傾向にあり、「脱ゲームセンター」が課題の中、それに代わる新たなエンタテイメント施設として、「VRゲーム」に目を付けたようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

東京五輪前に「SUPER NINTENDO WORLD」がUSJにオープン [娯楽施設]

以前お知らせした、任天堂のテーマパークがUSJなどに作られるというニュース続報です。

l_yx_usj_01.jpg

USJのマリオエリアは「SUPER NINTENDO WORLD」 東京五輪前にオープンへ - ITmedia ニュース

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に建設されるテーマパークの名前は、「SUPER NINTENDO WORLD」となるそうです。

任天堂のキャラクター「スーパーマリオ」の世界観をテーマにしたエリアとなり、米国オーランド、ハリウッドに先駆けて、まず2020年の東京五輪までに、大阪のUSJにオープンするとのこと。

500億円以上を投じ、パーク敷地内の駐車場の一部を利用するほか、パーク外にエリアを拡張した上で建築するそうです。
USJ全体総事業費が、1700億円だそうですから、一エリアとしては異例の開発規模であることが分かります。

また、「1階部分と2階部分に分かれた二層構造の巨大複合エリアになる」というので、どちらかというと屋内型のテーマパークになるのかもしれません。

任天堂の人気キャラやゲームの世界観を再現し、「最新技術を活用した世界初のライドアトラクション」に加え、来場者が自由にインタラクティブコンテンツを楽しめる、プレイグラウンドのようなイメージの「インタラクティブエリア」、ショップ、レストランも配置するそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「ムーミンバレーパーク」が2019年春にオープン! [娯楽施設]

20161206moomin-1.jpg

ムーミンバレーパーク/2019年春に埼玉県で開業、目標来場者数100万人 | 流通ニュース

以前から噂は聞いていましたが、原作者トーベ・ヤンソンのご遺族のご了解、ご協力の元、2017年春から着工する、ムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が、2019年春に、埼玉県飯能市にオープンすることが、公式に発表されました。

テーマパーク全体の名称は「メッツァ」といい、その中に、北欧のライフスタイルを体験できるゾーン「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題としたゾーン「ムーミンバレーパーク」の二つのゾーンが作られ、「メッツァビレッジ」は2018年秋に、「ムーミンバレーパーク」は少し遅れて2019年春にオープンするそうです。

「メッツァビレッジ」は、宮沢湖周辺の自然を生かした約約6000平米に、自然を身近に感じられる、北欧風建築の施設やアクティビティを展開するそうです。
新鮮な地元野菜や工芸品を購入できるマーケットや、物販施設、飲食施設、各客室にサウナを完備した宿泊施設、グランピングエリア、ワークショップ施設、催事スペースなどが計画されており、こちらのゾーンは、入場無料になるそうです。

一方、「ムーミンバレーパーク」は、約7000平米の面積があり、ムーミンの物語を主題にしたテーマパークで、有料になるようです(入場料やアトラクション利用料等は未定)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域