So-net無料ブログ作成
宿泊施設 ブログトップ

宇宙ホテルが2022年に開業!? [宿泊施設]

宇宙旅行がいよいよ本格化するらしい:東京おじさんぽ:So-netブログ

このブログでは、宇宙旅行が、まもなく一般人でもできるようになるという話題は、何度か取り上げているのですが、これは、実際に無重力状態に到達できるのは、数十分というツアーの話でした。

l_mf_space01.jpg

宇宙ホテルを2022年に開業へ、12日間10億円 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

そのため、まさか、宇宙に泊まれる宇宙ホテルを2022年に開業する計画はあるとは、思いもしなかったなぁ。

米テキサス州ヒューストンに拠点を置くスタートアップ企業のオライオン・スパン社が、2021年までに、世界初の高級宇宙ホテル「オーロラ・ステーション」を打ち上げる計画を発表したそうで、さらに、打ち上げ翌年の2022年からは、宿泊客を受け入れる予定だそうです。

12日間滞在できるチケットの価格は1人950万ドル(約10億円)で、一泊に換算すれば79万1666ドル(約8500万円)とのこと。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ロボットが接客する「変なホテル」の本当の狙い [宿泊施設]

30dd937680a1ffa42d700659fda71099ba370cd0.47.1.26.2.jpg

「変なホテル」は、やっぱり究極に"変"だった | 九州経済オンライン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

H.I.S.が、ハウステンボスに、ロボットが接客する「変なホテル」をオープンしたとき、その意図が理解できなかった。
報道や公開された動画を見る限り、人間より優れた接客ができている訳ではなく、困ったら人間が出てくるし、恐竜ロボットなんかも、エンタテイメントとして成立している気がせず、「誰がこれに泊まるのだろう?」という思いしか残らなかった。

10_l.jpg

H.I.S.、ロボット活用のローコストホテル「変なホテル」を2019年3月までに10軒開業 2017年12月に東京・西葛西、2018年は銀座や羽田など5軒を都内にオープン - トラベル Watch

ところが、その「変なホテル」を全国展開し、まずは2019年3月までに10軒を開業するというニュースを見て、ようやくその意図を理解することができた。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
宿泊施設 ブログトップ