So-net無料ブログ作成
検索選択

藤沢に、いすゞ自動車の企業博物館「いすゞプラザ」がオープン! [社会見学]

ea0e32c494bcfcf68dab6e0617e1f3f99dbbfd4a.jpg

ISUZU:いすゞプラザがオープンしました

いすゞ自動車が、創立80周年記念事業の一環として、藤沢市北部の本社工場そばに、2017年4月11日(火)、コミュニティー施設「いすゞプラザ」を、オープンしたそうです。

「いすゞプラザ」は、いすゞの歴史のご紹介や貴重なレストア(復元)車両の展示とともに、商用車の役割や運ぶを支えるものづくりを見て・感じて・体験していただくことのできるミュージアムエリアと、ものづくり教室などの開催を通じ、いすゞと地域の皆様とのつながりを深めるためのコミュニティーエリアから構成されています。

とのことで、自動車会社である、いすゞ自動車のいわゆる企業博物館と言えるものです。

いすゞプラザ

公式サイトはこちら。

アクセス | いすゞプラザ

場所は、小田急江ノ島線などの湘南台駅西口にある藤沢北警察署の十字路を北に入ってすぐで、湘南台駅から徒歩でも20分以内で歩けると思いますが、湘南台駅東口のロータリーから、1時間に2本、無料送迎バスが出ているので、これを利用するのがいいでしょう(西口ではなく東口ですのでお間違いなく)。
もちろん、車でも行けて、来客用駐車場も14台分用意されているようです。

開館日時は、平日(予約制)が9:00~17:00、土曜/祝日(予約不要)が10:00~17:00。いずれも最終入場は16時。
日曜およびGW・夏季・冬季連休が休館日となっていますので、具体的な休館日は、上記公式サイトのトップページのカレンダーを見ましょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

「青春18きっぷ」で東京から小倉まで移動可能に [交通]

きょうJRダイヤ改正 2017年3月4日、何が変わった? 大物なくとも多くの変化 通販の影響も(1/5) | 乗りものニュース

毎年恒例の春のJRのダイヤ改正が、3月4日に行われましたが、今年は、あまり目立った改正はないようです。

kippu.jpg

JRダイヤ改正により東京小倉間を普通列車乗り継ぎで一日で移動可能に!「青春18切符で旅したい」と乗り気な人々 - Togetterまとめ

そんな中で、この春のJRダイヤ改正で、一日で東京から普通列車乗り継ぎで小倉まで行けるようになったことが、話題になっています。
今までは、東京から始発の普通列車に乗っても、山口県の厚狭駅までしか行けなかったみたい。

ちなみに、「青春18きっぷ」は、0時を過ぎて最初に止まる駅まで有効だそうなので、東京から小倉まで「青春18きっぷ」1回分で行けることになります。

鉄道ファンには、ちょっとワクワクする話かもしれませんね。

ただし、Yahoo!乗換案内で検索しても、乗り継ぎ待ちはほとんどないので、結構あわただしい。
姫路と糸崎では、お弁当を買う時間ぐらいは、ありそうですが。

【ガチ検証】青春18きっぷ1回分で東京駅から小倉駅まで行ってみた → 2370円で19時間のヤバすぎる旅路に悶絶したでござる | ロケットニュース24

などと妄想していたら、実際に行ってみた方がいた!
凄いバイタリティですね。読んでいて気付いたポイントは次の通り。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 [イベント]

ジブリ美術館が2カ月を経てリニューアルオープン 大人も乗れるネコバスはモフモフ度UPで再登場! - ねとらぼ

スタジオジブリの世界観を体験できる「三鷹の森ジブリ美術館」が2016年7月15日にリニューアルオープンし、展示物のリフレッシュや追加などが行われたほか、映像展示室「土星座」の映写機が、フィルム式からデジタル式へ一新されました。
このリニューアルと同時に、企画展「猫バスにのって ジブリの森へ」が開催されていたが、これが5月14日で終了し、新たな企画展が始まるそうです。

miya_170405ghiblitaberuwoegaku01.jpg

ジブリ美術館で新企画「食べるを描く。」開催 実物大の「サツキとメイの家の台所」「タイガーモス号のキッチン」も登場 - ねとらぼ

それが、作品中に出てくる食事シーンをピックアップした新企画展示「食べるを描く。」です。
期間は2017年5月27日~2018年5月までの予定だそうです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

東京ディズニーランドが2020年に向けた大規模開発に着手 [娯楽施設]

ディズニーR、客離れ深刻…アトラクション「飽き飽き感」で顧客満足度低下か | ビジネスジャーナル

2年連続の入園者数減となった東京ディズニリゾートですが、東京ディズニーランドの、2020年春に向けた大規模開発に着手するそうです。

新アトラクション「ソアリン」を2019年度に導入!東京ディズニーシー今後の開発計画を発表 | Disney Colors - Blog

東京ディズニーシーに関しては、すでに2017年5月12日に「ニモ&フレンズ・シーライダー」、2019年には大型アトラクション「ソアリン」を導入する計画が表明されていますが、それに続いて、今回、東京ディズニーランド側の計画も発表されました。

東京ディズニーランド、「美女と野獣エリア」など2020年春に向けた大規模開発に着手 「グランドサーキット・レースウェイ」などの跡地を整備 - トラベル Watch

主な内容は次の通り。

・ファンタジーランドの新エリアとして「美女と野獣エリア(仮称)」(大型アトラクション、ショップ、レストラン)を新設
・ライブエンターテイメントシアターを新設
・トゥモローランドに、「ベイマックス」をテーマにした新アトラクションとポップコーンの専門ショップを新設
・トゥーンタウンに、ミニーマウスに会える新たなキャラクターグリーティング施設を新設

今年の1月11日にクローズしたトゥモローランドの「グランドサーキット・レースウェイ」の跡地周辺を再開渇するもので、具体的なエリアは次の通り。

c4ca4238a0b923820dcc509a6f75849b.jpg

【ニュース!】今後の施設開発計画について | 【公式】東京ディズニーリゾートサイト

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

「2017東北観光フリーパス」「北海道観光ふりーぱす」発売 [クーポン・チケット]

tohoku.jpg

東北の高速道路が乗り放題のドラ割「2017東北観光フリーパス」、2017年は南北に分けた計3プラン用意 対象日は4月7日~12月25日 - トラベル Watch

NEXCO東日本東北支社と宮城県道路公社が、東北地方の高速道路が乗り放題となるドラ割「2017東北観光フリーパス」を、今年も販売するそうです。

利用できる日は4月7日~12月25日のうち、ゴールデンウィーク期間やお盆休み期間を除いて、指定された利用可能日。

2017年に発売されるパスは、東北の6県が対象の「東北6県周遊プラン」と、青森県、秋田県、岩手県が対象の「北東北3県周遊プラン」、宮城県、山形県、福島県が対象の「南東北3県周遊プラン」の3つ。

それぞれについて、週末中心の「2日間周遊プラン」、曜日を問わず利用できる「3日間周遊プラン」が選べ、車種は「普通車」と「軽自動車等」の2種類が選べます。
それぞれの料金は次の通り。

2日間周遊プラン(週末中心)
・東北6県周遊プラン:普通車7500円、軽自動車等6000円
・北東北3県周遊プラン:普通車6000円、軽自動車等4500円
・南東北3県周遊プラン:普通車6000円、軽自動車等4500円

3日間周遊プラン(曜日問わず利用可能)
・東北6県周遊プラン:普通車1万500円、軽自動車等8000円
・北東北3県周遊プラン:普通車7500円、軽自動車等6000円
・南東北3県周遊プラン:普通車7500円、軽自動車等6000円

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域