So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

今、「葛飾北斎」が熱いようです [博物館・美術館]

ogp-image.jpg

【公式】新・北斎展

先日、アトロクでも紹介されていましたが、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで、「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が、3月24日(日)まで開催中です(今週末行く予定)。

2018年2月6日に他界した北斎研究の第一人者、永田氏の膨大な北斎コレクションが展示されていて、これが東京で見られるのは最後の機会になるらしい。
というのも、コレクションは一括して、故郷・島根県に寄贈されており、「新・北斎展」閉幕後は、島根県のみで公開されることになるからだそうです。

そのためもあってか、今回、かなり盛況のようです。

休館日は、2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)で、開館時間は10:00~20:00(火曜日のみ17:00まで、最終入館は閉館の30分前)とのこと。

この「新・北斎展」に触発された訳でもないのでしょうが、他にもいろいろ企画展が開催されています。

IMG_4915.JPG

すみだ北斎美術館 - 開催中の企画展

両国のすみだ北斎美術館は、個人的には昨年11月に行きましたが、現在は「北斎アニマルズ」という企画展を、2019年4月7日(日)まで開催中です。

北斎の作品に描かれる動物や、北斎の門人の描いた動物、玩具や道具としてデザイン化された動物、物語や伝記などの文脈と共に描かれた動物や、創造の生き物など、絵画の中のさまざまな動物を紹介しているそうです。
もちろん、常設展の北斎作品や北斎の生涯についての展示も見られます。

こちらの休館日は、毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)で、開館時間は9:30~17:30(入館は17:00まで)だそうです。

CIMG0035.JPG

展覧会ページ 伊藤忠青山アートスクエア

北青山にある伊藤忠青山アートスクエアでは、2月16日(土)まで、「テクニカル北斎展~進化する浮世絵木版画の技と美~」という浮世絵木版画の技術に着目し、北斎に影響されたアート作品まで紹介する企画展が開催されていました。こちらは、先週土曜日に行ってきたばかりです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

都営地下鉄「春」のワンデーパスの販売期間が決定 [クーポン・チケット]

春夏秋冬の期間限定で発売される「都営地下鉄ワンデーパス」は、大人500円と、都営地下鉄区間を往復するだけで元が取れることが多い、大変お得なチケットなので、次、いつ発売されるのか、時々チェックしていたのですが、先日見たら、こっそり春の発売時期が発表されていました。

sub_i_20180624_h_01.png

都営地下鉄ワンデーパス | 東京都交通局

次の都営地下鉄「春」のワンデーパスの発売期間は、2019年3月16日(土)から2019年5月6日(月)までの土曜日、日曜日、祝日とのことです。

ちなみに公式サイトには、発売期間を平成年号で書いてあるのですが、5月6日は平成ではないことがは決まっているのですから、西暦で書いた方がいいと思いますけどね。

発売額は、大人:500円、小児:250円。

都営地下鉄の運賃は、東京メトロに比べると高めで、ちょっとした距離だとすぐに267円(ICカード)以上になってしまいますので、往復で乗車するだけで元が取れると思えば、いかにこのチケットがお得かが分ると思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「ぐるっとパス2018」の2冊目で行った施設 [クーポン・チケット]

02_o.jpg

ぐるっとパス2018で行った施設:東京おじさんぽ:So-netブログ

昨年夏、ぐるっとパス2018を使って、2か月間で16施設に入りましたが、もう一冊購入済だったぐるっとパス2018を使って、2018年12月8日から2019年2月7日まで、またまた集中的に対象施設を巡ってきました。

アクセサリーミュージアム:1,000円
現代日本画専門の美術館 郷さくら美術館:500円

井の頭自然文化園:400円
三鷹市美術ギャラリー タータン 伝統と革新のデザイン展:800円
江戸東京たてもの園:400円

松濤美術館:500円
菊池寛実記念 智美術館 川瀬忍 作陶50年の間:1000円から300円引
旧東京音楽学校奏楽堂|日本最古の洋式音楽ホール(重要文化財):300円

子どものための建築と空間展 | パナソニック 汐留ミュージアム:800円
アミューズ ミュージアム :: Amuse Museum :::1,080円
たばこと塩の博物館:100円

そごう美術館 「URUSHI 伝統と革新」展:1,200円
昭和館 | National Showa Memorial Museum:300円
東京国立近代美術館工芸館:210円
東京国立近代美術館:500円
科学技術館:720円
練馬区立美術館 人間国宝・桂 盛仁 金工の世界-江戸彫金の技-:300円

台東区立書道博物館|中村不折コレクション 書の専門博物館:500円
石洞美術館:600円
刀剣博物館:1,200円
公益財団法人 戸栗美術館:1,000円
NTTインターコミュニケーション・センターICC | イン・ア・ゲームスケープ ヴィデオ・ゲームの風景,リアリティ,物語,自我:500円
東京オペラシティ アートギャラリー:1,200円

五島美術館 茶道具取合せ展:1,000円
静嘉堂文庫美術館:1,000円
世田谷美術館 ブルーノ・ムナーリ ― 役に立たない機械をつくった男:1,000円

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「ぐるっとパス2019」の内容が発表された [クーポン・チケット]

gurutto2019.png

「ぐるっとパス2018」販売終了&「ぐるっとパス2019」4月1日(月)発売 | 東京・ミュージアム ぐるっとパス2018

「ぐるっとパス2018」が1月31日(木)で販売を終了しましたが、同時に、「ぐるっとパス2019」が、4月1日(月)より発売されることと、その内容が発表になりました。

参加施設は95施設とのことで、再参加施設が2施設、新しい施設は4施設加わり、2018年度より6施設増えるらしい。

リニューアル工事中だった、清澄白河の東京都現代美術館が2019年3月29日に再オープンし、虎ノ門の大倉集古館が2019年9月に再オープンするそうで、それら2施設が「ぐるっとパス2019」に再参加予定とのこと。

新しく参加する施設は、神奈川県が、横浜都市発展記念館/横浜ユーラシア文化館、横浜開港資料館、三溪園で、従来からの横浜市内の施設と併せて7施設と大幅に増えました。
また、埼玉県も、埼玉県立近代美術館に加えて、埼玉県立歴史と民俗の博物館が加わるそうです。

その一方で、価格の方は、2018から据え置きの2,200円というのも嬉しいところ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

特別企画展「両国 プラレール駅」開催中 [イベント]

190209_ryogoku_plarail.jpg

JRと「プラレール」コラボの特別展 東京・両国で : J-CASTトレンド

JR東日本東日本都市開発と、タカラトミーが、「プラレール」誕生60周年を記念して、特別企画展「両国 プラレール駅」を、2019年2月9日~4月7日までの期間、東京都墨田区のJR総武線「両国駅」西口イベント広場「両国駅広小路」にて開催しているそうです。

trend_20190131191441-thumb-645xauto-151768.jpg

広場には、「プラレール」が260両以上が結集。

全長9メートルのジオラマ「車両基地」や、高さ2メートルの「プラレールタワー」などの展示を行うほか、巨大新幹線バルーンのフォトスポット、限定ノベルティがもらえるアトラクションなども実施するそうです。

両国 プラレール駅

詳しいイベント内容は、こちらの公式サイトからどうぞ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -