So-net無料ブログ作成

小田急東京メトロパスがお得 [交通]

スポンサードリンク




先日、平日の休みがあったので、それを利用して、普段行けないところに行きたいという奥さんの要望に応えて、都心に遊びに行ってきた。

小田急東京メトロパス|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

その際、利用した交通手段は、小田急で発券される小田急東京メトロパスだ。

東京メトロの駅で買える「東京メトロパス」は、一日乗り放題で600円だが、小田急の駅で買える「小田急東京メトロパス」は、小田急の往復が付いて、さらに安くなる。

例えば、藤沢から新宿までの小田急の運賃は590円だが、藤沢駅で買える小田急東京メトロパスは1,550円。往復運賃を引くと、東京メトロパス部分の代金はたった370円となり、地下鉄を3回乗れば確実に元が取れてしまう。

都心に入るルートとしては、小田急の終点新宿駅まで行って、5分ほど歩いて丸ノ内線に乗り換えるよりは、乗り継ぎが楽な代々木上原駅で千代田線に乗り換えて、都心に入る方が一般的には乗り継ぎも速いし、その後の乗り換えも便利だと思う。

夏休みなどに、都心の面白いスポットを巡るには、とてもコストパフォーマンスがいい乗車券だと思う。

さらに、マメ知識を言うと、このチケット、説明をよく読むと、東京メトロ全区間だけでなく、小田急の新宿~代々木上原間も乗り放題区間となっている(代々木上原以遠は、往復の乗車一度のみ)。
一見、使い道のなさそうな乗り放題区間だが、実は、3つほど便利な使い方がある。

(1)区間内にある参宮橋駅は、実は、明治神宮に立ち寄るのに一番便利な場所にある
(2)東京メトロで都内を巡っている最中、千代田線から丸ノ内線に乗り継ぎたいときに、小田急の新宿~代々木上原を介しても乗り継ぎができる
(3)帰りのルートで、千代田線が都合がよくて代々木上原まで戻ってしまった場合でも、そこからいったん新宿まで行き始発で座って帰ることもできる

結構、使い道あるでしょ?

関連記事:
平日に無料の公共施設めぐり:東京おじさんぽ:So-netブログ





【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました