So-net無料ブログ作成

「ふじさわ江の島花火大会」のおすすめスポット [イベント]

スポンサードリンク




秋の夜長は花火と共に! 東京都から行ける10月の花火大会まとめ - 最大2万発 | マイナビニュース

花火大会というとシーズンはやっぱり夏ですが、9月に入って、街中でふと、普段は夏にやる印象があった「ふじさわ江の島花火大会」のポスターを見かけ、今年は秋にやることを知り、ちょっとググってみました。


ふじさわ江の島花火大会

「ふじさわ江の島花火大会」は、片瀬海岸西浜にて約3,000発規模の花火が打ち上げられる有名な花火大会です。それが、今年は、10月17日(土)に行われるみたいです。
夏開催のイメージが強かったのですが、最近は10月に開催されるみたいですね。

例年大変混雑する花火大会ですが、夏の開催時期のころよりは、空いているかも。

我が家でも、昔、鵠沼海岸在住の知人の家に車を置かせてもらい、徒歩で海岸に行き、間近で花火を見たことがありますが、普通に行くと、例年帰りの道路も電車も相当混雑しますので、帰りの時間が掛かる覚悟は必要です。

そこで、「ふじさわ江の島花火大会」に関して、混雑は嫌だというあなたに、個人的におすすめの観賞スポットをお教えします。
それは、JR藤沢駅と辻堂駅のちょうど真ん中あたりにある大型ショッピンtグモール「湘南モールフィル」です。

湘南モールフィル - 神奈川県藤沢市のショッピングモール

このショッピングモールは、例年、花火大会当日に限り、屋上駐車場を見学用に無料開放しており、屋台まで出ます。

打ち上げ場所からはそれなりに距離はありますが、ほとんど遮る建物もないため、綺麗な花火を見ることができます。

午後から車で行き、湘南モールフィルと、お隣のMr.MAXでお買い物や食事を済ませ、夜に花火見学をして帰るのがオススメかと思います。

場所が東海道線の沿いの北側なので、花火が終わってすぐに車に乗れば、一番混雑する東海道線を跨ぐことなく、割と混雑せずに家に帰れるのもいいところです。

「ふじさわ江の島花火大会」以外だと、10月10日(土)に、荒川河川敷・岩淵水門周辺で「北区花火会」が行われます。1時間で約5,000発を打ち上げるそうなので、壮観みたいです。

10月10日(土)・11日(日)の両日には、「横浜・八景島シーパラダイス」で、「花火シンフォニア」が開催されるそうです。
約10分間で約2,500発を予定しており、花火と音楽をシンクロさせたオリジナル花火ショーとのことです。


さらに、我が家からはちょっと遠すぎますが、10月3日(土)には、茨城県土浦市で「新市庁舎開庁記念 第84回土浦全国花火競技大会」が開催されたみたいです。

これは大正14年から続く歴史ある花火大会で、全国の花火師の日本一を決める大会と呼ばれており、約2万発の花火が打ち上がる、日本一の規模の花火大会なんですね。

夏のイメージが強い花火大会ですが、10月も、結構見るべき花火大会がいろいろあるものですね。

関連記事:
秋は学園祭のシーズン:東京おじさんぽ:So-netブログ







【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました