So-net無料ブログ作成

森ビルが虎ノ門に、さらに3棟の高層ビルを建設 [都市開発]

スポンサードリンク




東京メトロ日比谷線に新駅「虎ノ門新駅」ができる意味:東京おじさんぽ:So-netブログ

以前、東京メトロ・日比谷線に、虎の門新駅ができることを、このブログでもご紹介したが、オリンピックまでには、虎の門は、湾岸地域と環状2号道路で結ばれ、新国立競技場と湾岸の競技施設を直線で結ぶ位置にあることから、東京オリンピックの拠点エリアとして注目されている。

東京五輪組織委が移転 新オフィス虎ノ門ヒルズで業務開始 ― スポニチ Sponichi Annex 五輪

実際、すでに東京五輪組織委も、虎ノ門ヒルズに引っ越したそうで、今後も、競技場などを結ぶ高速輸送システム(BRT)のバスターミナルなども続々誕生する計画となっている。

l_rs_moribiru1.jpg

「虎ノ門ヒルズ」、さらに3棟の高層ビル建設 - ITmedia ビジネスオンライン

森ビルは、ここが勝負だと考えたのだろう、4月13日に、「虎ノ門ヒルズ」の隣接地に、さらに新たに3棟の高層ビルを2022年度までに建設する計画を発表した。

一つが、オフィス中心の地上36階建て(高さ185メートル)「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(仮称)。
ビジネスタワー1階には、東京五輪の際に選手村や新国立競技場などを結ぶバスターミナルを整備し、東京を訪れた選手や観光客の「玄関口」とする。

もう一つが、住宅中心の地上56階建て(220メートル)「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(仮称)

いずれも、オリンピック前の2019年度の完成予定というから、大忙しだな。

最後に、20年度開業予定の虎ノ門新駅(仮称)の真上に「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(仮称)が、22年度の完成を目指し建設される。
「ステーションタワー」の最上部には、一般の人も出入りできる交流施設をつくるそうだ。

オフィス街の印象が強い虎の門だが、これらが完成すれば、虎の門の周辺の街並みも一変しそうだな。

関連記事:
東京メトロ日比谷線に新駅「虎ノ門新駅」ができる意味:東京おじさんぽ:So-netブログ



東京大改造マップ2020最新版 [ 日経アー...

東京大改造マップ2020最新版 [ 日経アー...
価格:1,296円(税込、送料込)

東京大改造マップ2020ハンディ版 [ 日経ア...

東京大改造マップ2020ハンディ版 [ 日経ア...
価格:648円(税込、送料込)

るるぶ東京(...

るるぶ東京(...
価格:864円(税込、送料込)



【 ↓ スポンサード・リンクのクリックをお願いします ↓ 】

<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました