So-net無料ブログ作成

改修工事中だった三鷹の森ジブリ美術館7月16日から再開 [博物館・美術館]

スポンサードリンク




main.jpg

ジブリ美術館、大人も乗れるネコバス再登場 休館あけから新企画展示 - シネマトゥデイ

改修工事のため長期休館中だった三鷹の森ジブリ美術館が、7月16日から再開され、同時に、新企画展示「猫バスにのって ジブリの森へ」を開催することが発表されました。開催期間は、2017年5月までの予定とのこと。

既に、入場分チケットの先行抽選販売の受付を開始しているので、見たい方は早速応募しましょう。

今回の「猫バスにのって ジブリの森へ」では、ジブリ美術館が行ってきた「企画展示のこれまで」を一堂に集めて紹介するそうです。
「ねこバスから見た風景展」「崖の上のポニョ展」など、過去の展示物に新たなアレンジを加え、蔵出しした“掘り出しもの市”のように展示室いっぱいに並べることで15 年の歴史を濃縮。作り手たちの熱い思いを再び届ける、とのことです。

3びきのくまや、大人も乗れるネコバスなどの、復活を希望する声も多かったという展示物も再登場するそうです。

美術館自体も、建物の化粧直しや館内設備のリニューアルが行われているようです。

入場は日時指定の予約制で、7月入場分チケットの先行抽選販売受付は5月25日正午から、一般販売は6月10日から開始。
8月入場分も先行抽選販売を予定しているそうです。
申し込みはインターネットのローソンチケットサイトもしくは電話から行います。

ただ、一点注意は、チケット申し込みは、これまで先着順だったが、今年の夏休みは抽選になるということ。
夏休みの時期は、この時期は「チケットが取れない」という意見が多いことや、転売目的によるチケット購入防止もあり、購入の機会を公平に提供するためだそうです。

そのため、5月25日から、7月分の記名式チケットの先行抽選販売をスタートし、当選者のみが購入できるようです。
我が家では、ジブリ美術館は一度行ったっきり。また行きたいとは思っていたので、いい切っ掛けだから、ダメモトで抽選販売に申し込んでみようと思います。

まあ、日本人はまだいいけど、海外からここ目当てに来る外国人観光客は、日本に来れる期間になかなか当選などしないだろうから、行ける人は大幅に減りそうですね。
それとも、入場券に、外国人枠みたいなものが別途あるのかな!?

関連記事:
宮崎駿がCGで短編映画の製作を開始:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ



三鷹の森ジブリ美術館手づくりの力
価格:1620円(税込、送料無料)

宮崎駿とジブリ美術館 [ (趣味/教養) ]
価格:3693円(税込、送料無料)



<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました