So-net無料ブログ作成

横濱中華街のグルメきっぷはお得かも [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




東急電鉄と西武鉄道、横浜中華街への食事券と乗車券がセットになった「グルメきっぷ」6月20日発売 中華街の8店舗で食事、18施設で優待、西武線利用者はお土産付き - トラベル Watch

東急電鉄と西武鉄道が、横浜中華街への乗車券と食事券などがセットになった「グルメきっぷ」を6月20日から発売したそうで、これがなかなかお得なチケットに見えます(特に西武鉄道版が)。

東急の「横濱中華街 旅グルメきっぷ」は、こどもの国線、世田谷線を除く東急電鉄の各駅で発売され、東急線全線と横浜高速鉄道みなとみらい線の1日乗り降り自由のそれぞれの乗車券と、食事券がセットになっていて、大人2,500円、子供1,500円。
例えば、中央林間駅から中華街までの往復運賃は大人1,222円なので、食事券は1,278円ということになりますが、乗車券は全線一日乗り降り自由であることを考えれば、まあ妥当か料金設定かなとは思えますが、激安!とまでは思いません。

01.jpg

一方、西武鉄道の「西武横濱中華街グルメきっぷ」は、小竹向原・池袋・西武新宿、多摩川線各駅を除く西武線各駅で発売され、西武線と東京メトロとの接続駅である小竹向原、池袋、西武新宿のいずれかの駅までの往復1回乗車と、東京メトロ副都心線の小竹向原駅から渋谷駅までの1日乗り降り自由、東急東横線渋谷駅~横浜駅の往復1回乗車、横浜高速鉄道みなとみらい線の1日乗り降り自由、さらに食事券、土産券が付属するという、ややこしくも盛りだくさんのチケットとなっています。

販売金額は駅によって異なりますが、最も遠い西武秩父駅が大人4,310円、子供2,580円。
例えば、西武秩父から中華街までの運賃は、特急を利用しない場合で、往復で大人2,888円なので、1,420円で、食事券とお土産が付くことになり、東急よりお得度は高そう。
また、みなとみらい線と、副都心線の乗り放題もついているので、それを活かしたツアーを組めば、さらにお得度は上がります。
ただ、中華街にたどり着くまで、乗り継ぎも多いし、時間もかなりかかるので、疲れそうではありますが。

食事券は、東急、西武共通で、廣東飯店、重慶飯店、四五六菜館などの有名店で、指定のメニューが食べられるそうです。
西武鉄道のみのお土産券は、横浜大世界または横浜博覧館のマーケットで、対象商品(むき甘栗、胡麻団子、ラーメン、あられなど)に交換ができるそうです。

それ以外にも、横浜マリンタワー、カップヌードルミュージアム、原鉄道模型博物館などの入場料の優待特典があり、みなとみらい線の乗り放題を活かして、中華街以外で遊ぶのもいいでしょう。

特に「西武横濱中華街グルメきっぷ」のお得度は高いと思うので、埼玉方面で、横浜に遊びに来たことがない方は、これを契機に、一度遊びに来てみてはいかがでしょうか?

関連記事:
「羽田空港往復きっぷ」をゴールデンウィークに発売:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました