So-net無料ブログ作成

「藤沢市ふじさわ宿交流館」に行ってきた [博物館・美術館]

スポンサードリンク




CA3G0068.JPG

藤沢市ふじさわ宿交流館がオープン!:東京おじさんぽ:So-netブログ

このブログでも、4月29日にオープンしたことをお知らせした藤沢市ふじさわ宿交流館ですが、先日行く機会があったので、そのレポートです。

2016-06-19 11.21.18.jpg

藤沢市ふじさわ宿交流館<ホームページ>

藤沢の遊行寺に用事があり、ついでに、「藤沢市ふじさわ宿交流館」に立ち寄ってきました。

以前、このブログでもご紹介しましたが、東海道の藤沢宿についての歴史的展示を行う小さな博物館です。

CA3G0065.JPG

入り口を入ると、目の前に多目的ホールがあり、ここで、三味線や落語などのイベントが行われるようです。

CA3G0066.JPG

右側の入り口を入ると、郷土資料展示室となっていて、藤沢宿の歴史的な解説や藤沢宿のジオラマが見られます。

CA3G0067.JPG

2階は会議室で展示は何もありませんが、2階に上がる階段に沿って、歌川広重の描いた東海道五十三次の宿場の浮世絵が、日本橋から順番に展示されていました。

郷土資料展示室・多目的ホールの開館時間は、4月から9月までは9:00~18:00、10月から3月までは9:00~17:00。
休館日は、月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)および年末年始(1月1日および12月27日~12月31日)だそうです。

住所は、神奈川県藤沢市西富1丁目3-3で、JR藤沢駅北口より徒歩14分、または、小田急藤沢本町駅より徒歩15分という、歩くには結構中途半端な場所にあります。

駅からは遠いですし、展示自体は、10~20分程度で全部見終えられる規模のものですので、わざわざこれを見るだけのために出かけるというのは、得策ではありません。
私も、今回は、すぐそばの遊行寺に行く用事があったので、そのついでに立ち寄りました。

オススメとしては、近くにある遊行寺や白幡神社のイベントなどと合わせて、ついでに足を伸ばすのがいいかと思います。

2016-06-19 11.21.35.jpg

遊行寺は、清浄光寺とも呼ばれ、時宗の総本山として有名ですが、「藤沢市ふじさわ宿交流館」のすぐそばにある門をくぐり、

2016-06-19 11.21.56.jpg

長い緩やかな石畳の階段を登るとあります。

2016-06-19 11.23.21.jpg

時宗総本山 遊行寺

毎週末のように、境内で、骨董市、盆栽市、フリマなどのイベントが行われており、

2016-06-19 11.23.50.jpg

遊行寺宝物館ホームページ

国宝や重要文化財も収蔵された宝物殿(有料)もあります。

KIMG0063.JPG

庭園も広くて、季節によって菖蒲園などの一般公開などのイベントもあります。

Shirahata_shrine's_Main_hall,_Fujisawa,_Kanagawa.jpg

白旗神社|年間行事

白幡神社も、7月の白幡まつりや、湯立神楽が有名な秋まつりなどの有名なイベントもあります。

CA3G0072.JPG

また、「藤沢市ふじさわ宿交流館」のすぐそばには、遊行寺橋・高札場跡と、江の島弁財天道標の碑があります。

CA3G0070.JPG

高札場跡の碑の後ろにある建物は、一見昔風ではありますが、中身は「藤沢橋自動車排出ガス測定局」だそうです。

藤沢宿を歩く

この他にも、藤沢宿周辺にはいくつか史蹟がありますので、何かの用事で近くに来た時には、見て回ってはいかがでしょうか。

関連記事:
藤沢市ふじさわ宿交流館がオープン!:東京おじさんぽ:So-netブログ



商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

送料無料/藤沢・辻堂Walker
価格:950円(税込、送料別) (2016/9/2時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました