So-net無料ブログ作成

東急グループの渋谷駅周辺再開発 [都市開発]

スポンサードリンク




渋谷駅東口付近で、大規模な工事が続いていて、不便を感じている人も多いと思いますが、その渋谷駅周辺再開発の概要が、東急電鉄と東急不動産から発表されました。

東急グループ、渋谷駅周辺再開発で南街区を「渋谷ストリーム」、宮下町計画を「渋谷キャスト」と命名し概要発表 東横線跡地に600m続く渋谷川沿いの水辺空間 - トラベル Watch

今回発表があったのは、2018年秋に開業予定の渋谷駅南街区「渋谷ストリーム」、2017年春に開業予定の渋谷宮下町計画「渋谷キャスト」の二つで、その名称と概要が発表されました。

20161024shibuya-1-544x653.jpg

「渋谷ストリーム」は、東横線跡地と周辺敷地の「渋谷駅南街区プロジェクト」と呼ばれていた一帯で、35階建てで高さ約180m、延床面積11万6700m2の建物。

事業コンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」ということで、渋谷最大級の約1万4000坪のオフィスと、さらに180室のホテル(東急ホテルズ予定)、最大収容700名規模のホール、12室の渋谷最大級のカンファレンスルーム、インキュベーションオフィス、30区画の商業施設などを備えるという。

クリエイティブワーカーに選ばれるビジネス環境を作るということで、自転車通勤者向けに「サイクルカフェ」の設置、渋谷川の水の流れを再生し水辺の遊歩道を整備するそうです。

また、渋谷駅とつながる2階「国道246号横断デッキ」と「JR渋谷駅南改札(仮・将来予定)」とつながる3階「東西自由通路(将来予定)」も設置されるそうです。

shibuya_cast_20161024_019-thumb-660x467-612377.jpg

2017年春に、キャットストリートの起点に開業する渋谷宮下町計画と呼ばれていた施設は「渋谷キャスト」と命名された16階建ての建物となります。

クリエイターが行き交い、活動する拠点として整備するそうで、コレクティブハウスの機能を設けた80戸の共同住宅、IT系、デザイン、アパレルなどが入居する賃貸オフィス、シェアオフィスを展開する「co-lab」、3つの店舗、多目的スペース、明治通りに面する広場が整備されます。
なお、オフィスのメインテナントとして、ベイクルーズグループの本社移転が決まっており、オープン時から満室でスタートするそうです。

最近の渋谷は、新興IT企業が集まる街としても注目されており、今回発表された「渋谷ストリーム」「渋谷キャスト」は、まさにそうしたターゲットをさらに誘致しようという狙いのようです。

ターゲットがターゲットだけに、入居するホテルも、住宅も、お店も、どうせ高級志向になるでしょうから、多分、自分には全く関係ないリッチな世界なんだろうなぁ(笑)

渋谷駅周辺開発プロジェクト |東急電鉄

渋谷駅周辺開発プロジェクトの公式サイトはこちら。今後、詳細な情報が公開されると思うので、興味がある方は要チェックでしょう。

20161024tokyu-544x441.jpg

東急/2027年までの渋谷駅再開発を動画で紹介 | 流通ニュース

ちなみに、現在、東急グループでは渋谷駅周辺で6つの再開発プロジェクトを進行しており、今回発表があった2つ以外にも、渋谷駅街区(2019年度・2027年開業)、道玄坂一丁目駅前地区(2019年度開業)、渋谷駅桜丘口地区(2020年開業)、南平台プロジェクト(2019年)があり、いずれも2020年の東京オリンピックまでには開業を間に合わせる勢いです。

それゆえ、渋谷駅前の不便も、まだしばらく続きそうですね。

関連記事:
森ビルが虎ノ門に、さらに3棟の高層ビルを建設:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京大改造マップ2020最新版 [ 日経アーキテクチュア編集部 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/11/5時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました