So-net無料ブログ作成

2017年度の「青春18きっぷ」の利用期間 [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




kippu.jpg

2017年度の「青春18きっぷ」の春・夏・冬の発売と利用期間をJR各社が発表 春季の利用期間は3月1日~4月10日で2月20日発売、北海道新幹線オプションもあり - トラベル Watch

JR各社が、「青春18きっぷ」の2017年度の発売および利用スケジュールを発表しました。
「青春18きっぷ」は、全国のJR線の普通列車、快速列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに乗車できるチケットで、発売額は11,850円。

1枚のきっぷで5回まで利用可能です。
ただし、1回の使用で、1人1日の乗車日当日の乗り降り自由で、1人で5日間利用してもいいし、5人が同一行動で1日間利用することも可能とのことで、旅行好きなビンボー学生にはありがたいとくとくチケットです。

今年の発売は次の通り。

春季:
発売期間:2017年2月20日~3月31日
利用期間:2017年3月1日~4月10日

夏季:
発売期間:2017年7月1日~8月31日
利用期間:2017年7月20日~9月10日

冬季:
発売期間:2017年12月1日~12月31日
利用期間:2017年12月10日~2018年1月10日

さらに、本州と北海道の間を走る従来線がなくなったことから、本州と北海道を行き来するため「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」も発売されます。

「青春18きっぷ」と一緒に利用し、北海道新幹線の奥津軽いまべつ駅~木古内駅の普通車の空いた席と、道南いさりび鉄道木古内駅~五稜郭駅の普通列車を連続して利用する必要があるそうです(本来の目的外利用を排除したいのでしょう)。
発売額は片道1回の利用で2,300円だそうで、青春18きっぷの利用終了日まで購入できるため、利用当日に買えばいいことになります。

私自身は、もはや「青春18きっぷ」で旅行する体力も気力もありませんが、お金のないビンボー学生にとっては、夜行バスと並び、今でも強い味方なのではないでしょうか。

関連記事:
JRグループが3日間有効の「秋の乗り放題パス」を発売:東京おじさんぽ:So-netブログ
「青春18きっぷ」のポスター26年分を展示する展覧会開催:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました