So-net無料ブログ作成

119番通報の24時間外国語対応を開始 [サービス]

スポンサードリンク




消防局:119番通報の24時間外国語対応 | 公共・自治体 |導入事例|英語・中国語などの電話通訳センター・翻訳|ブリックス

日本に滞在する外国人の大幅増加につれ、各地域の消防署で、事故や怪我などによる外国人の方からの119番通報も増えているそうですが、これまで消防署の方でも、外国語の対応というのは万全ではありませんでした。

そこで、外国語による119番通報に対し、全国どこでも24時間対応できる体制を築く方針を固めたそうです。
対応する言語は、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の5か国語に対応するとのこと。

1414575346-382991_1.jpg

これは、ブリックス社の119番24時間外国語対応の電話通訳サービスを利用し、外国語で119番通報があった際に指令センターから通訳センターに電話をつなぎ、3者間の逐次通訳で通報者と指令センターとの会話を通訳するシステムを利用するものだそうです。

また、このシステムイを利用し、119番通報時だけでなく、救急現場や火災現場でも救急隊員の携帯電話で電話通訳を利用し、意思疎通が図れるよう活用してゆくとのことです。

日本に在住する外国人も、観光で来日する外国人も増えている状況で、こうしたサービスの充実は、今後必須なんだろうな。
コストはそれなりにかかるでしょうが、国策として観光客を誘致しているのですから、税金でのコスト負担はやむを得ないところでしょう。
今後は、こうしたサービスは、役所や警察、病院などにも広がるといいですね。

さらには、私も、外国人の出張者に言われたことがあるのですが、外国人向けの現地語の放送が、もっと手軽に衛星放送などで見られるといいと思います。現在のスカパー!でも、英語や韓国語のチャンネルはありますが、それ以外のチャンネルは皆無ですからね。

関連記事:
東京駅と新宿駅で「駅構内ナビ」の実証実験開始:東京おじさんぽ:So-netブログ


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました