So-net無料ブログ作成

東大五月祭に行ってきた(1) 博物館 [博物館・美術館]

スポンサードリンク




トップページ | 第90回五月祭

大分前の話になりますが、2017年5月20日(土)、21日(日)に、東大本郷・弥生キャンパスで、第90回五月祭が開催されましたが、5月20日(土)に、行ってきました。
仕事の上でもこれまで縁がなく、今回、東大に足を踏み入れるのは初めてです。

小田急東京メトロパス|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

今回利用したのは、小田急の駅の自販機でも買える「小田急東京メトロパス」。
乗車駅から新宿駅までの往復乗車券と、東京メトロの一日乗車券がセットになっていて、今回で言えば、東京メトロは、代々木上原駅から、根津駅や本郷三丁目駅まで往復しただけで、元が取れてしまうのです。

campus_map.png

東京大学本郷地区キャンパス - Wikipedia

今回訪れた東京大学本郷地区キャンパスは、厳密には、本郷キャンパス・弥生キャンパス・浅野キャンパスの3つに分かれていて、今回、五月祭で自由に入れたのは、本郷キャンパス・弥生キャンパスです。

本郷キャンパスは、法学部、医学部、工学部、文学部、理学部、経済学部、教育学部、薬学部などが入る広大なキャンパスで、弥生キャンパスは、ほぼ農学部関係の専門キャンパスです。

さて、今回「五月祭」に行くとは言いましたが、メイン目的は、お祭りではありませんでした。

「これを機会に、東大内の見学できる施設や、テレビでしか見たことがない歴史的建造物を見て回ろう」というのがメインの目的です。

2017-05-20 11.53.38.jpg

東京メトロ本郷三丁目駅を出ると、さすが東大、五月祭に向かう人の群れは凄い数です。

2017-05-20 11.54.21.jpg

大変暑い日だったのに、うっかり飲み物を持参するのを忘れましたが、東大に行く途中に「おかしのまちおか」を発見!
運よく激安のお茶とお菓子をゲットできました。

2017-05-20 12.44.33.jpg

東京大学総合研究博物館 The University Museum, The University of Tokyo

まずは、本郷キャンパスに、本郷三丁目駅から一番近い懐徳門から入り、東京大学総合研究博物館に向かいます。

INTERMEDIATHEQUE

丸の内のJPタワーにある「インターメディアテク」という東大博物館は、この東京大学総合研究博物館の分館に当たりますが、規模的には「インターメディアテク」の方が大規模で展示も充実していますので、どちらも行ったことがない方は、まず「インターメディアテク」を見られることをお勧めします。どちらも入場無料です。

2017-05-20 12.46.25.jpg

本郷の本館では、行ったときには、常設展示「UMUTオープンラボ 太陽系から人類へ」に加えて、特別展「赤門――溶姫御殿から東京大学へ」が見られました。

2017-05-20 12.49.33.jpg

奥に深い建物で、見た目より展示は充実していて、1時間ぐらいは十分楽しめる内容となっています。
休館日は、土曜日・日曜日・祝日・年末年始・その他館が定める日となっていて、開館時間は10:00―17:00(ただし入館は16:30まで)となっていますが、五月祭当日は、土曜ですが(特別に?)開館していました。

2017-05-20 13.02.24.jpg

健康と医学の博物館

続いて、本郷キャンパス内にもう一つある博物館「健康と医学の博物館」に向かいます。GoogleMapを見ながら探しますが、入り口がなかなか見つからず、結局、東大病院側の門を外に出て、本郷キャンパスの外に、独立した出入りがありました。

東京大学医学部・医学部附属病院 創立150周年記念事業の一環として、平成23年1月20日に開館したそうで、常設展として、東京大学医学部・医学部附属病院のこれまでの業績や歴史が展示されており、

2017-05-20 13.06.18.jpg

行ったときには、企画展「縁の下で身体を支える腎臓」が行われていました。小さな展示スペースですので、20分もあれば見終えるでしょう。

休館日は、毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は開館)および年末年始(12月28日~1月4日)、大学入試時期となっていて、開館時間は10時~17時(12時~13時は休館、最終入館は16時30分)だそうです。

2017-05-20 13.55.42.jpg

農学資料館 | 東京大学大学院農学生命科学研究科・東京大学農学部

さらに、ちょっと離れて、弥生キャンパスには、正門そばに「農学資料館」がありました。
忠犬ハチ公と、飼い主・上野英三郎教授に関する資料展示や、鈴木梅太郎教授などの農学部の成果に関する展示がありますが、小さな展示スペースですので、すぐに見終える規模です。

それ以外にも、

サイエンスギャラリー - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部

理学部1号館1階に「サイエンスギャラリー」があり、小柴昌俊特別栄誉教授のノーベル賞受賞に関する展示っや、理学部の歴史、概要を紹介する常設展示があるらしいのですが、うっかり見逃してしまいました。

広報センター | 東京大学

また、こちらでは、東大自体に関する広報資料や歴史展示から、受験や学生生活に関する資料が見られるそうです。
建物自体、1926(大正15)年1月に建てらた歴史あるもので、東京都選定歴史的建造物に選定されいるそうですが、ここも見逃してしまいました。

社会情報研究資料センター

東京大学院情報学環附属社会情報研究資料センターは、新聞資料を中心に、各種メディア情報資料を研究のために収集、整理し、学内外の研究者が利用できるようにしたものだそうです。
一般の人間も、閲覧室で、アーカイブの閲覧や、所蔵する坪井家関係資料および小野秀雄関係資料という2つのコレクションを公開・展示しているそうですが、これも見逃してしまいました。

2017-05-20 13.17.31.jpg

東京大学史料編纂所 |The Historiographical Institute The University of Tokyo

東京大学史料編纂所は、国宝、重要文化財も多数所蔵する図書館及び研究施設で、以前あった展示コーナーは公開中止しているものの、図書館自体は一般の人も利用可能とのことです。五月祭当日は閉館していて、入れませんでした。

2017-05-20 12.09.02.jpg

新図書館計画とは | 東京大学新図書館計画公式ウェブサイト

なお、行ったときは工事中だった図書館は、その後、2017年5月31日に新館のライブラリープラザがオープンし、2019年にはすべて完成するそうです。大学関係者でも利用は可能なようで、「ヒストリーミュージアム」なる施設もできるみたいです。

2017-05-20 13.47.08.jpg

これら以外にも、たまたま入った工学部7号館の1階には、航空宇宙工学関連の建屋ということで、ジェット機のエンジンなどが展示されていたりしましたので、他の工学部、理学部系のエントランスも、見て回ると面白いものが見られるかもしれません。

東大キャンパス内は、受付手続きをすれば、いつでも見学できますので、見逃した施設は、また見に行こうかな。

続いて、次回は、歴史的建造物などについてご紹介します。

関連記事:
秋だけじゃない学園祭情報:東京おじさんぽ:So-netブログ
東大五月祭に行ってきた(2) 歴史的建造物など:東京おじさんぽ:So-netブログ



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。