So-net無料ブログ作成

鎌倉や京都でエリアプライシングを導入か!? [観光行政]

スポンサードリンク




なにっ。車で観光すると徴収…エリアプライシングってどんな。 - NAVER まとめ

観光地での渋滞の解消策として、マイカーで観光地に入る利用者にお金を課す、新たな制度「エリアプライシング」が検討されているそうです。"

まずは候補地として、観光シーズンは渋滞が酷くて住民が困っている鎌倉が挙がっているそうです。

マイカー観光なら1000円徴収? 国交省が検討する「エリアプライシング」とは

今のところ、渋滞する時間帯や休日限定で、1回1000円程度の課金を想定しているようですが、例えば鎌倉では、どこでどうやって徴収するのでしょうか?

kamakuraroad.jpg

鎌倉市でロードプライシングを導入か。車両進入制限エリアは「大仏から十二所」で、湘南道路は含まれず | タビリス

対象エリアを調べると、いわゆる旧鎌倉地域で、鶴ヶ岡八幡宮以南、大仏、由比ヶ浜以東の市街地。「大仏・長谷寺から十二所まで」で、「北鎌倉は含まれない」エリアというから、かなり広みたい。

これだけ広いエリアに入ってくる車を、すべて入り口で止めて料金を徴収するというのは、現実的ではありません。
おそらく、駐車違反を取り締まる駐車監視員みたいな人が、エリア内を巡回していて、適宜その人に料金を払い、払ったらもらえる支払証をフロントガラスに見えるように置くことで、二重徴収を避ける、みたいな方式かも。

あるいは、宿泊施設でも、予め料金を支払って支払証を貰うことができるようにするのかも。

ただ、「鎌倉市は公平性の観点から、市民からも最大1割程度課金することも検討している。」なんて情報もあり、もし本当なら、市民の猛反発を招くだろうな。

なあ、今でも酷い混雑なのに、今後さらに観光客が増えることを考えれば、こうした対策はやむを得ないのかもしれませんね。

関連記事:
2月11日は、鎌倉に遊びに行くことに:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鎌倉おさんぽマップてのひらサイズ
価格:500円(税込、送料無料) (2017/2/7時点)



<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。