So-net無料ブログ作成

上野の森美術館の「怖い絵」展 [博物館・美術館]

スポンサードリンク




20161006-kowaie.jpg

この絵画の意味が怖すぎる!! 話題の「怖い絵」展が上野の森美術館でスタート / 意味を知るとゾクゾクする作品ばかりです | Pouch[ポーチ]

上野の森美術館 - 展示のご案内 - 「怖い絵」展

上野の森美術館で「怖い絵」展という面白いイベントが開催されていることを、テレビ番組で見て知りました。

ドイツ文学者・中野京子氏が2007年に出した「怖い絵」は、「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場する様々な名画の場面を読み解き、隠されたストーリーを魅力的に伝えるベストセラーのシリーズですが、今回の「怖い絵」展は、その10周年を記念して開催されているそうです。

今回の展覧会では、シリーズで取り上げた作品をも含め、「恐怖」を主題とする傑作絵画を、テーマごとに分類して展示しているそうです。

何気ない人物の絵画が、その時代背景を知ると、恐ろしい状況を描いたものだと分かったり、何気なく描かれている小道具が、背景を知ると、恐ろしい意味を持ったりと、展示とその解説を併せて読むことで、絵画に対する新しい発見ができたり、絵画の見方を学習することができるユニークな展示会となっています。

今回は、最大の注目作は、ロンドン・ナショナル・ギャラリーを代表する名画、ポール・ドラローシュの「レディ・ジェーン・グレイの処刑」だそうで、わずか9日間のみ王位にあった16歳の若き女王の最期の姿を描いた大作で、日本初公開とのこと。

その他、ターナー、モロー、セザンヌなど、ヨーロッパ近代絵画の巨匠の「怖い」作品など、約80点がテーマごとに展示されているそうですので、興味を持った方は、行ってみてはいかがでしょうか。

開催期間は、10月7日(土) ~12月17日(日)までで、会期中無休。
開館時間は、10:00~17:00(最終入館は閉館30分前まで)ですが、好評につき10月14日より土曜日9:00~20:00、日曜日9:00~18:00に開館時間を延長するそうです。ただ、平日こそ夜に開館してあげたら、社会人も見に行きやすいのにな。ちょっと残念。

入場料は、一般1,600円、大高生1,200円、中小生600円(未就学児童および障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料)だそうです。

関連記事:
国立新美術館で11月11日から「新海誠展」を開催:東京おじさんぽ:So-netブログ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怖い絵【電子書籍】[ 中野 京子 ]
価格:734円 (2017/11/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新 怖い絵【電子書籍】[ 中野 京子 ]
価格:1944円 (2017/11/18時点)


<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。