So-net無料ブログ作成

ツインリンクもてぎ「モビパーク」をリニューアルオープン [娯楽施設]

スポンサードリンク




motegi.jpg

ツインリンクもてぎ、森をコンセプトに「モビパーク」をリニューアル。木登り型アスレチック新設 2人乗りカートや1日1組限定のグランピング施設も - トラベル Watch

【PR】まるも亜希子のツインリンクもてぎリニューアル体験記 - Car Watch

ホンダが車のテーマパークとして作った「ツインリンクもてぎ」にあるテーマパークの「モビパーク」が、「森」をコンセプトに、3月17日からリニューアルオープンしたそうです。

する。木登り型の大型アスレチックを新設するほか、既存のアトラクション5機種のデザインを一新、さらに親子で利用できるアトラクションを1機種追加する。
新たに新設されたのは、木登り型の大型アスレチック「森(しん)感覚アスレチック DOKIDOKI」。
どんぐりの木をイメージした高さ13mの5階建ての建物には、ボルダリングウォールや、ネット登りなど42カ所の木登りや、丸太橋やロープ渡りなどのアトラクションが設けられています。

子供たちが挑戦する姿を撮影できるフォトスポットやフォトサービスも用意されていて、所要時間は約30分。
料金は600円で、モビパークのパスポートでも入場できます。

また、パーク内の「レーシングカート」も、カート車両15台をフランスのSodiKart製のものに入れ替えられ、初心者向けの「エクスペリエンスセッション」には親子で乗車できる2人乗りカートも新たに用意されています。
もう一方の「タイムアタックセッション」は、走行タイムのデイリーランキングがWebサイトで公開され、走行中はレース同様の実況アナウンスも行なわれるそうです。

コース全長は576m、走行時間は約8分。
料金は1人乗りカートが2500円、2人乗りカートが3000円で、モビパークのパスポートがあると優待価格になるそうです。
なお、カートの運転には普通自動車免許が必要というから、本格的なドライビングカートです。

パーク併設のキャンプエリア「森と星空のキャンプヴィレッジ」には、新たに1日1組(2~4名)限定の「グランピング・ワイド プレミアム」をが設定され、エリア全体を眺められるプライベートデッキが利用でき、利用者の好みに合わせたBBQコースをシェフが目の前で調理するそうです。さらに、天体望遠鏡を使った星空鑑賞をスタッフがサポートするなど、プライベートなサービスが受けられるそうです。

森と星空のキャンプヴィレッジ TWIN RING MOTEGI

申し込みはこちらからどうぞ。

「ツインリンクもてぎ」は、子どもが乗り物好きだったし、私自身、子ども時代「鈴鹿サーキット」に連れて行ってもらい、楽しかった思い出があり、一度は連れて行きたいと思ってました。
しかしながら、神奈川県からは割と行きづらい場所にあるので、結局、行く機会がないまま子どもたちは成人してしまいました。

乗り物好きな子供がいるご家庭なら、大変喜ぶ場所だと思いますので、一度行ってみるといいと思いますよ。

関連記事:
ツインリンクもてぎで「Racing History of Last 20 Years」開催:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。