So-net無料ブログ作成

JALが成田空港近くに観光農園を [観光スポット]

スポンサードリンク




wa.jpg

JALが「農業」参入 成田に観光農園 収穫イベントで訪日客呼ぶ - ITmedia ビジネスオンライン

日本航空(JAL)が、5月21日に発表したところによると、農産物の加工・流通・出荷を手掛ける和郷(千葉県香取市)との共同出資会社「JAL Agriport」が、千葉県成田市に体験型の観光農園をオープンする予定だそうです。

これは、農産物の自社ブランド展開、成田空港の輸出拠点化など、農業ビジネス本筋の狙いに加え、収穫イベントなどの実施による訪日客の獲得も狙いとしているらしい。

成田市内に、農園、飲食施設、野外バーベキュー施設、農産品直売施設などを運営する「観光農園」を作るそうで、農園は、遊休農地を有効活用する方針とのこと。

農園では、イチゴ狩りやサツマイモ堀りなどの体験イベントを実施し、2020年の東京オリンピックに向けて訪日客の誘致を行っていくそうです。
オープンの時期はまだ明確になっていませんが、オリンピック向けの計画があることから、2020年夏までにはオープンさせる計画なのでしょう。

また、2020年までに成田空港の隣に移転予定の卸売市場や成田市場とも連携し、地域の農産物を、オリジナルブランド化し、海外展開する計画だそうです。

そもそも、千葉県は農業が盛んな土地柄であるだけに、こうした動きは地元も大歓迎でしょう。

「イチゴ狩りやサツマイモ堀り」が果たして、そんなに人気のツアーコンテンツになりえるか?という疑問もありますが、例えば、日本のイチゴなどのフルーツが、馬鹿高いけど美味しいというのは、大分知られれるようになってきましたし、何より、成田空港に近いのは大きなメリットです。

例えば、空港のトランジット待ちの時間や、出発までの待ち時間に、美味しいイチゴ狩りに行ける、となったら、それは人気を呼ぶのではないでしょうか。

そう考えると、掛かる投資の大きさの割に、なかなかいいアイデアなのではないかと思います。

関連記事:
一度は行きたい成田観光:東京おじさんぽ:So-netブログ



【楽天ブックスならいつでも送料無料】...

【楽天ブックスならいつでも送料無料】...
価格:864円(税込、送料込)



<スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。