So-net無料ブログ作成

「ぐるっとパス2018」を横浜エリアで利用 [博物館・美術館]

スポンサードリンク




02_o.jpg

東京・ミュージアム ぐるっとパス2018

「ぐるっとパス2018」を、6月30日(土)に利用を開始し、その後も、横浜のみなとみらいに遊びに行ったときに、次の施設に「ぐるっとパス2018」で入りました。

IMG_0276.JPG

神奈川県立歴史博物館

神奈川県立歴史博物館は、今年4月まで耐震工事で閉館していたのですが、リニューアルオープンしたので、初めて行ってみました。

IMG_0285.JPG

神奈川県の古代から

IMG_0330.JPG

近代までの歴史をまんべんなく紹介していますが、それほど広い博物館ではなし、

横浜市歴史博物館-都筑区センター北

古代に関しては港北ニュータウンに別の立派な博物館もあるのだから、こちらはもうちょっと中世以降にターゲットを絞ってもいいのではないでしょうか。

次の3つの施設は、「ぐるっとパス2018」で引き換えて、もらえる一枚のチケットで入場できます。

IMG_0423.JPG

帆船日本丸 | 帆船日本丸・横浜みなと博物館

IMG_0422.JPG

横浜みなと博物館 | 帆船日本丸・横浜みなと博物館

IMG_0437.JPG

柳原良平アートミュージアム | 帆船日本丸・横浜みなと博物館

横浜みなと博物館は、基本的に内部は写真撮影禁止でした。

IMG_0429.JPG

横浜みなと博物館では、特別展で「豪華客船ノルマンディー」も開催されていて、無料で見られましたが、ここももちろん写真撮影禁止。

柳原良平アートミュージアムも、写真撮影禁止でしたね。

帆船日本丸と、横浜みなと博物館は、昔見たことがありますが、横浜みなと博物館は随分リニューアルされていた気がしたのと、柳原良平アートミュージアムは無かったので初めて見られました。

料金の割に見どころは多いと思いますが、帆船日本丸以外は、ほとんど写真撮影禁止なので、あまり中身を詳しくご紹介できないのだが残念です。

今の時代、「インスタ映え」が、集客のポイントになる時代なのですから、写真撮影に関しても、もうちょっと柔軟性のある対応をしてもいいのではないでしょうか。

IMG_4104.JPG

横浜美術館

横浜美術館も、「ぐるっとパス2018」が利用できるのですが、常設展は、昨年も「ぐるっとパス2017」で入館していますし、行った時は特別展があまり興味なかったこともあり、今回はパスしました。

IMG_0665.JPG

SOGO MUSEUM OF ART

最後に訪れた横浜駅東口の「そごう美術館」は、常設展のない美術館ですが、「ぐるっとパス2018」で、ほとんどの企画展に無料で入場できます。

国際陶磁器フェスティバル美濃 桃山から現代へ 志野、織部 伝統の継承展

訪れた時には、こちらの企画展を行なっていたのでそれを見ました。
ただ、面白い作品もありましたが、全体的にはそれほど興味ある企画展ではありませんでした。
無料券は、別の企画展で使えばよかったな。

ということで、今回の「ぐるっとパス2018」の利用期限は8月30日までとなりますが、この後も、「ぐるっとパス2018」を使って訪れた場所があれば、随時お知らせしていこうと思います。

夏の暑さも少し落ち着いてきたし、お盆休み期間などもフル活用し、この夏は、美術館・博物館めぐりで汗を流したいと思います。

関連記事:
「ぐるっとパス2018」を利用開始:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京のちいさな美術館めぐり [ 浦島茂世 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokyo大学博物館ガイド [ 大坪覚 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)


<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。