So-net無料ブログ作成

都電荒川線&日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」(1) 早稲田 [街歩き]

スポンサードリンク




都電荒川線と、日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」を計画していましたが、お盆休み中の平日に、実行してみました。

結果としては、一応、予定したルートはほぼたどれたのですが、全ての予定していた施設は入れず、逆に予定を変更して入った施設もありました。
その辺も含めて、レポートしたいと思います。

51abd5ba.jpg

都営まるごときっぷ(1日乗車券) | 東京都交通局

おじさんぽには、「都営deぐるっとパス2018」を購入時に付いてきた「都営まるごときっぷ(1日乗車券)」を使用しました。
都営地下鉄、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーがすべて一日乗り放題になるチケットです。

IMG_1568.JPG

まずは、小田急で新宿まで向かい、新宿西口駅で都営地下鉄大江戸線に乗車し、牛込柳町駅で下車。ここがスタートです。

IMG_1569.JPG

YAYOI KUSAMA MUSEUM 草間彌生美術館

牛込柳町駅から徒歩で北側に向かい、5分ほど歩くとあるのが、「草間彌生美術館」。ユニークな建物は久米設計が担当とのこと。
ここは、完全予約制とのことで、今回はパス。

IMG_1573.JPG

新宿区立漱石山房記念館

そこから徒歩2分ほどで、新宿区立漱石山房記念館に到着。昨年できた新しい施設で、「ぐるっとパス2018」で無料で入れます。

IMG_1586.JPG

それほど大規模な展示施設ではありませんが、「漱石山房」の一部を再現した展示が目玉か。

IMG_1593.JPG

二階展示室に上がると、一番最初に目に入るのが、他の博物館の漱石関連重要資料の紹介というのは、ちょっと興ざめかも。

IMG_1574.JPG

漱石公園というお庭にも、小さい展示施設「道草庵」があるので、それもお忘れなく見ましょう。

IMG_1608.JPG

夏目漱石誕生の地 | 一般社団法人新宿観光振興協会

次に、記念館でも紹介されていた「夏目漱石誕生の地」の石碑を見学。

IMG_1622.JPG

戸山公園|公園へ行こう!

その後、予定外でしたが、近くにあった「戸山公園」を散歩して休憩。

IMG_1626.JPG

ここは、無料のアスレチックや、子どもの水遊び場があり、子どもたちがたくさん遊んでいました。

IMG_1638.JPG

アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館(wam) | 戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を集めた日本初の資料館

その後、Googleマップで見ると、近くに「女たちの戦争と平和資料館」があったので、立ち寄ってみたのですが、その場所らしき「AVACOビル」には、それらしき看板がなく、誰も人がいなかったので、おそらくお盆休み期間中は休館していたのかもしれません。

IMG_1644.JPG

木組み博物館

次に、「木組み博物館」に立ち寄りましたが、ここもお盆休み期間中は休館していて、中は見られませんでした。

IMG_1650.JPG

ここから、早稲田大学のキャンパスに、南門通りを通って向かいますが、

IMG_1652.JPG

早稲田小劇場どらま館

その途中にあるのが、早稲田大学の演劇の拠点である「早稲田小劇場どらま」と、

IMG_1655.JPG

早稲田大学合格祈願 天台宗 宝泉寺(寶泉寺)

早稲田大学の合格祈願でたくさんの人が訪れる「寶泉寺」があります。

早稲田キャンパスみどころMAP.pdf | Powered by Box

さて、たどり着いた早稲田大学の早稲田キャンパスマップを見ると、見どころがいっぱいです。
キャンパス自体は自由に入れるのですが、実は、お盆休みはすべての施設が閉館していて、残念ながら中に入ることはできませんでした。

また、お盆休み以外でも、授業がある平日しか開いていない施設も多いため、また時期を改めて訪れることにします。

一応、見るつもりだった施設をご紹介しておきます。

・27号館:インフォメーションスクエア(大学に関する各種資料を取り揃える)と、小野記念講堂
・大隈タワー:125記念室(大隈講堂時計塔を一望でき、大学所蔵品の展示室もある)
大隈庭園:かつては大隈重信の邸宅があった場所を庭園として開放
・1号館:正門のすぐそばにあり、入学センター(入試に関する資料・過去問の閲覧ができる)と、早稲田大学歴史館があります
坪内博士記念演劇博物館:日本で唯一の演劇専門の博物館で、入場無料
會津八一記念博物館:會津が残した東洋美術資料や大学所蔵の資料が見られる博物館で、入場無料
・大隈スクエアビル:ワセダギャラリー

なお、キャンパス内は、お盆休み期間中も自由にお散歩できましたので、一応キャンパス内の写真をいくつかご紹介。

IMG_1661.JPG

まずは、正門です。

IMG_1663.JPG

大隈講堂は、中には入れませんが、国の重要文化財で、一日6回の時計台の鐘の音も有名です。

IMG_1671.JPG

キャンパスのど真ん中にある早稲田大学創設者・大隈重信の銅像です。

IMG_1678.JPG

こちらは、坪内博士記念演劇博物館の前にある坪内逍遥の碑です。

IMG_1680.JPG

総合学術情報センターには、井深大記念ホールと中央図書館があり、一般人は入れませんが、見学ツアーはあるそうです。

IMG_1693.JPG

早稲田水稲荷神社|公式サイト

予定していた早稲田大学内の施設は全滅ということで、ちょっとガッカリしたところで、キャンパスを離れ、向かったのが「早稲田水稲荷神社」です。

IMG_1688.JPG

この境内には、堀部安兵衛の碑(工事中)や、

IMG_1694.JPG

太田道灌 駒繋の松が有名なのだそうです。

IMG_1700.JPG

甘泉園(かんせんえん)公園:新宿区

その隣には、新宿区立唯一の回遊式庭園の「甘泉園」があり、

IMG_1702.JPG

無料なのに予想外に広く本格的な日本庭園でした。

IMG_1712.JPG

春には桜が満開になる神田川を渡り、

IMG_1722.JPG

東京染ものがたり博物館(富田染工芸) 東京染小紋 伝統工芸品見学・体験工房|東京都産業労働局

たどり着いたのは、東京染ものがたり博物館(富田染工芸)ですが、ここもお盆休み期間中ということで、休館していました。
残念。

一通り、早稲田周辺で予定していた施設は訪れましたので、都電荒川線の終点、早稲田駅に向かいます。

IMG_1724.JPG

ここから都電に乗り、「都営まるごときっぷ」を使った都電荒川線沿線のおじさんぽが、ようやく始まりますが、長くなりましたので、続きは後日。

関連記事:
都電荒川線と、日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。