So-net無料ブログ作成

「2018年のフランケンシュタイン」展 [イベント]

スポンサードリンク




TBSラジオのアトロクで紹介されていた「2018年のフランケンシュタイン」が気になったので、調べてみた。

gyre-bioart-ogimage.jpg

「2018年のフランケンシュタイン」展がGYREでスタート。最新のバイオ・アートが問いかけるものとは?|MAGAZINE | 美術手帖

正式名称は、「2018 年のフランケンシュタイン バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」というタイトルだそうで、会期は、2018年9月7日~10月14日ということで、早くも今週末まで終了です。

2018年のフランケンシュタイン – バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま | ART & GALLERY | GYRE

公式サイトはこちら。
期間中は無休で、開館時間は11:00~20:00なので、都心で働く方なら、平日の仕事帰りにも立ち寄れそうです。
会場は、ファッション複合ビルGYREの3階にあるイベントスペース「EYE OF GYRE」。
原宿の表参道ヒルズの向かい側にあります。

「2018年のフランケンシュタイン」展は、生命を主題や素材にした芸術の新しい潮流である「バイオ・アート」とのこと。

金沢21世紀美術館の学芸員の髙橋洋介氏がキュレーションを担当し、イギリスの小説家メアリー・シェリーによって「フランケンシュタイン」が誕生してからちょうど200年となった今年。髙橋は『フランケンシュタイン』で提示された「創造物による創造主への反乱」「神に代わり生命を創り出すことの代償」「性と生殖の分離」といった問題に焦点を当て、「蘇生」「人新世」「生政治」というキーワードで展覧会を構成したそうです。

バイオアート展「2018年のフランケンシュタイン」表参道GYREで開催 - 再生したゴッホの左耳など - ファッションプレス

「2018年のフランケンシュタイン」展がGYREでスタート。最新のバイオ・アートが問いかけるものとは?|MAGAZINE | 美術手帖

言葉で聞くと非常に難しいのですが、紹介記事見られる一部の作品の写真を見ていると、ギーガーなどにも相通じる、言葉を超えたインパクトを与える異形の数々を見ることができ、非常に刺激を受ける美術展に思えましたので、見に行きたくなってきました。

しかも、入場料は無料とのことなので、今週末、何とか時間を見つけて、見に行きたいと思います。

関連記事:
日比谷周辺をおじさんぽ(2) 日比谷シャンテほか:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。