So-net無料ブログ作成

あらかわ遊園が12月からリニューアルのために閉園に [娯楽施設]

スポンサードリンク




IMG_1800.JPG

あらかわ遊園 荒川区公式ホームページ

今回、都民の日に無料になる施設を調べていて、荒川区にある遊園地「あらかわ遊園」が、リニューアル工事のために、2018年12月1日から一時閉園することを知りました。

「あらかわ遊園」といえば、都内で唯一区営の遊園地であり、日本一遅いジェットコースターなどでも有名で、幼児向けの乗り物や、触れるミニ動物園、水遊びができる人口清流、釣り堀などもあり、とてものどかな遊園地です。

しかも、入場料が安い上に、乗り物の料金まで安いということで、小さなお子さんを連れたご家族には、最適な遊園地なのでしょう。
老朽化した古い遊園地にもかかわらず、近年は来園者が増加傾向で、2015年度は入場者が約39万人に上ったそうです。
一時的とはいえ、閉園は残念だと思う都民も多いでしょう。

2021年夏頃には再開予定だそうですが、公式サイトによれば、

観覧車やメリーゴーランドなど、大型遊戯施設を更新するほか、休憩・食事スペースを拡張・整備するなど、より利用しやすく魅力的なあらかわ遊園へと生まれ変わります。ご期待ください!

とのことで、休園前には観覧車の解体を見届けるイベントの開催を計画しており、解体した観覧車のゴンドラをオブジェに活用する案も浮上しているそうです。

子どもたちを魅了する「下町都電ミニ資料館」 最後の夏休み|ニフティニュース

併せて、園内にある「下町都電ミニ資料館」も休館となるそうですが、

あらかわ遊園リニューアル、20年、観覧車など刷新開業  :日本経済新聞

一部の広場や釣り堀は、園の工事中も、引き続き利用できるそうです。

都電荒川線&日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」(2) 都電荒川線:東京おじさんぽ:So-netブログ

私は、先日、「都電荒川線」沿線をおじさんぽした際、初めて訪れたばかりでしたが、3年近くも閉園すると聞いて、この機会に行っておいてよかったな、と思います。

関連記事:
都電荒川線&日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」(2) 都電荒川線:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊園地の記憶 【DVD】
価格:3225円(税込、送料別) (2018/10/26時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。