So-net無料ブログ作成

横田空域の一部を、旅客機が通ることが可能になるらしい [交通]

スポンサードリンク




羽田新ルート、日本が管制…五輪へ増便可能に(読売新聞)-ただし特例扱い。空域の返還交渉は「行っていない」 JAXVN

これはちょっと前のニュースだが、見落としていた、思ったより大きなニュースに言及したい。

img_a0ee541586cd1f3fdbdc957dc5dbb2d5104718.jpg

知らなきゃよかった…日本の空は「実はアメリカのもの」だった(矢部 宏治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

【横田空域】羽田空港の新飛行ルート、アメリカが拒否!米国「日本の上空通過も管制も認めない」 | 情報速報ドットコム

羽田空港や、成田空港を離発着する航空機は、本来、もっと短時間で離発着できるのに、米軍が管轄する関東の西半分を覆うように設定された「横田空域」というエリアが、日米地位協定に基づき、日本側で使えないがために、相当ややこしい遠回り航路を通らざるを得ず、そのことが、羽田空港や、成田空港の増便ができない一因となっていることは、以前から知られていた。

石原都知事の政策

そのことを、石原元都知事も昔から批判していて、横田基地を日本に返還させるべきだと、声高に叫んでいたのはそのせいでもある。人間的には大嫌いな石原氏だが、私もこのことに関しては、完全に賛同していた。

米軍管轄する「横田空域」 返還されれば羽田-伊丹が30分に│NEWSポストセブン

これまでも、この「横田空域」を日本に返却して欲しいという交渉は行われてきたが、なかなか米軍は首を縦に振らなかったのだが、

羽田新ルート、日本が管制…五輪へ増便可能に(読売新聞)-ただし特例扱い。空域の返還交渉は「行っていない」 JAXVN

2018年11月4日の報道によれば、米軍横田基地が管制権を持つ横田空域について、空域を通る一部旅客機の管制を、日本側が行うことで合意する見通しとなったという。

2020年東京五輪・パラリンピックまでの実現を目指すという。

このニュース自体は長年進まなかった「横田空域」の返還に直接結びつくものではないが、オリンピックを契機に「横田空域」に、一部だが民間航空機が通るのを実現するということは、安倍政権の成果として、もっと評価されていいことだと思う(面白いことに、ネトウヨと呼ばれるような人たちは、こういうまともな成果ほとんど取り上げない)。

もし、「横田空域」が完全に返還されると、羽田-伊丹空港が30分に短縮されるというから、これは大きい。
日本の国防上も、米国の国防上も、現在横田基地のある東京都内に空軍基地が存在する意義は、あまりないと言われている。
日米地位協定に基づく、米軍の既得権域の維持だけが目的となっているのなら、米軍撤退に積極的なトランプが大統領の今こそ、積極的な交渉を進め、「横田空域」を完全返還を目指して欲しいものだ。

関連記事:
成田空港の拡張は第3滑走路新設で決まり:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京・横田基地 [ 「東京・?田基地」編集委員会 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。