So-net無料ブログ作成

「来訪神」が無形文化遺産に決定 [観光行政]

スポンサードリンク




1200px-UNESCO-ICH-blue.svg.png

ナマハゲ・アマメハギ…「来訪神」無形文化遺産に決定:朝日新聞デジタル

11月29日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の政府間委員会が開かれ、日本政府が提案した「来訪神 仮面・仮装の神々」を無形文化遺産に登録することが採択されました。

無形文化遺産に登録された「来訪神」は、次の10の行事となります。

・甑島のトシドン(鹿児島県薩摩川内市)
・男鹿のナマハゲ(秋田県男鹿市)
・吉浜のスネカ(岩手県大船渡市)
・米川の水かぶり(宮城県登米市)
・遊佐の小正月行事(山形県遊佐町)
・能登のアマメハギ(石川県輪島市・能登町)
・見島のカセドリ(佐賀市)
・薩摩硫黄島のメンドン(同県三島村)
・悪石島のボゼ(同県十島村)
・宮古島のパーントゥ(沖縄県宮古島市)

ただし、今回の登録は、既に2009年に登録されている「甑島のトシドン」に、あわせて拡大させる形での登録となるため、国内の無形文化遺産の登録数は21件のまま変わらない。

ユネスコの委員会は「地域の人々、とりわけ子どもたちが、アイデンティティーを形成し、地域社会への帰属意識を深め、互いの絆を強めている」と評価したそうです。

こうした活動は、地方の観光振興のためという色彩も強いのでしょうが、過去の登録された無形文化遺産について見ても、海外からの観光客を集めるために、有効に活用されているとは必ずしも言えない実態もありますので、今回登録された関係自治体も、せっかく登録されたからには、うまく活用して地域活性化につなげて欲しいものです。

ジャマイカの「レゲエ音楽」が無形文化遺産 日本も推す:朝日新聞デジタル

ちなみに、余談ですが、今回、同時に、ジャマイカの「レゲエ音楽」や、フランスの香水作りの技術、アイルランドの球技「ハーリング」などの登録も決まったそうです。

Reggae music awarded protected status by UNESCO | CNN Travel

当たり前ですが、世界的なニュースとしては、「来訪神」なんかより「レゲエ音楽」の方が、圧倒的に大きく取り上げられているようです。
まあ、これまでの世界的な影響力を考えれば、当然かもしれませんが、「来訪神」が霞んでいることは、関係者は危機感を持った方がいいと思います。

関連記事:
日本の「山・鉾・屋台行事」が無形文化遺産に登録決定:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界無形文化遺産データ・ブック(2016年版) [ 古田陽久 ]
価格:3000円(税込、送料無料) (2016/12/7時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山・鉾・屋台行事 [ 植木行宣 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2016/12/7時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。