So-net無料ブログ作成

無料で手に入る招待券 [お得情報]

スポンサードリンク




最近、驚くのは、インバウンド需要を取り込みたいからか、あまり観光地とは認識されていない駅でも、大抵観光案内所があることです。

なので、街歩きをする際、まずはそのエリアの観光案内所を探してみて、あれば立ち寄るようにしてます。

詳しい観光マップや、色々な観光スポットのパンフレットや割引券が手に入ることも多いから。

こうした割引券やパンフレットは、それぞれの観光スポットにも、相互の宣伝のため置いてあることが多いので、観光スポットでも、こうしたパンフレットやチラシを見るようにしています。

最近、こうした観光スポットで、割引券ではなく、本来入場料が要る施設やイベントの入場券が無造作に置いてあるケースが何度かあり、余計に注意して見るようになりました。

IMAG1989.jpg

文化財センター:小金井市公式WEBへようこそ

例えば直近で言えば、こちらの「小金井市文化財センター」という公共の博物館に立ち寄った際、入口の観光スポットのチラシ棚に、国立新美術館で開催されている「シェル美術賞展」(大人400円)の招待券と、町田市立博物館の招待券(大人300円、期限なし)が置いてあったので、1枚ずつ頂きました。

いずれも行ったことがない場所だし、いい機会だなので、これを利用して行ってみるつもりです。

JCIIフォトサロン/トップページ

これ以前にも、「JCIIフォトサロン」の入口の棚に、東京都写真美術館で開催されている有料の写真展や、他のフォトギャラリーで開催されている有料の写真展の招待券が、何気なく置かれていたことがあります。

それから、幕張メッセや東京ビックサイトなどで行われる展示会の類は、一応、入場料が設定されているものでも、ネットで事前に申し込めば無料の招待券がもらえることが多いです。

イベントによっては、会場の前で無料招待券を配っていることさえあるので、行きたい展示会がある場合は、要チェックです。

みなさんも、観光スポットやイベントに行った際は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:
都民の日に無料になる施設:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。