So-net無料ブログ作成

「東京駅周辺美術館共通券2019年版」発売中 [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




10月1日よりUENO WELCOME PASSPORT2018販売開始いたします | お知らせ | 上野文化の杜

以前、上野地区12施設の美術館、博物館などに無料で入場できる「UENO WELCOME PASSPORT」(通常版2,000円)や、

東京・ミュージアム ぐるっとパス2018

2,200円で、都内を中心とするたくさんの美術館、博物館などを、2か月間の間、無料で入場できたり、割引されたりする「ぐるっとパス」について、ご紹介してきましたが、今回ご紹介するパスは、知らなかったなぁ。

ticket01.png

「東京駅周辺美術館共通券 2019年版」販売のお知らせ|お知らせ|出光美術館

それが、「東京駅周辺美術館共通券」。

東京駅周辺の美術館に入場できるお得なパスが毎年発売されているそうで、「東京駅周辺美術館共通券 2019年版」として、今年も発売開始したそうです。

価格は、2,500円(税込)で、このパスがあると、東京駅周辺の美術館(出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリー)で、2019年に開催される展覧会の中から、それぞれお好きな一つを選んで入館できるらしい。

4か所の美術館で、2,500円というと、「UENO WELCOME PASSPORT」や「ぐるっとパス」に比べると、あまりお得感がないように思えるかもしれません。

しかし、1館当たり625円ということになり、対象となる美術館の企画展、特別展は、たいてい入場料が1,000円を超えるものがほとんどなので、見たい企画展が多ければ、私はそれなりにお得だと思います。

「東京駅周辺美術館共通券2019年版」は、すでに各美術館の受付で販売されているそうですが、この書き込み時点で、東京ステーションギャラリーでは完売。それ以外の美術館ではまだ在庫があるそうです。
販売は数に限りあるそうなので、これがお得だと感じた人は、早めに確保しておいた方がいいと思います。

なお、有効期限は2019年12月の各館の最終開館日までということで、今年1年間、どこで使ってもいいことになります。

特別展 驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ- | 三井記念美術館 | 美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

三井記念美術館だけは、「ぐるっとパス」でも無料で入場になりますので、とてもいい企画だった「驚異の超絶技巧! -明治工芸から現代アートへ」を、一度見に行きましたが、それ以外は、いまだ入ったことがありません。
4館とも常設展というものがないので、きっかけがないと入りずらい美術館ではあります。

いい機会なので今年は買ってみようかな。

関連記事:
2018年度版の「UENO WELCOME PASSPORT」の発売:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。