So-net無料ブログ作成

「ぐるっとパス2018」予定外の3冊目購入 [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




02_o.jpg

「ぐるっとパス2018」の2冊目の期限が2019年2月7日で切れ、本年度の美術館・博物館めぐりは、これで終わりかな、と思っていました。

ただ、その後も「ぐるっとパス2018」の対象施設で、別の用事のついでに行きたい施設や、見たい企画展などがいくつかありました。

でも、それだけでは「ぐるっとパス2018」の元は取れないし、何より「ぐるっとパス2018」自体が、有効期限が2か月であることもあり、2019年1月31日ですでに販売終了してしまいました。

「仕方ないから、個別に入館料を払って見に行くか!」と考えたのですが、待てよ、と思い、念の為、ヤフオクやネットフリマを検索してみました。

期限が2か月を切ったから、安くで「ぐるっとパス2018」が出品されているのではないかと思ったのです。

ところが、現実は全く逆で、むしろ「ぐるっとパス2018」の販売が終了し、新たに購入できないということで、2月上旬は、元値よりむしろ値上がりする始末。それだけ「ぐるっとパス」がお得なチケットだということなのだでしょう。

ただ、2月末になると、ようやく価格がじりじりと下がり始め、在庫処分なのか本気の値下がりが始まりました。

それでも、未使用品だと1,500円ぐらいが底値。いくつかの施設は使用済みの中古品(本当は記名者以外はダメなはずですが)だと、それより安くなりますが、それでも落札額は1,000円程度ですから、大変な人気です。

私の場合、運よくネットフリマで、未使用品を約1,500円(送料込)で落札できたので、それが今週末に間に合いましたので、早速使い始めています。

今週末使ったのは、とりあえず次の2施設。

CIMG0170.JPG

・国立新美術館(企画展-100円割引)

CIMG0579.JPG

・森美術館/六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー (-200円割引)

CIMG0531.JPG

森アーツセンターギャラリーで、「新・北斎展」を見に行ったついでに、六本木のあたりをじっくり「おじさんぽ」しましたので、その際に使いました。

bCkocNRW.jpg

埼玉ゲームシティ【公式】

さらに、来週末は、大宮ソニックシティの「埼玉ゲームシティ」というイベントを見に、珍しく埼玉まで脚を伸ばしますので、ついでに、「ぐるっとパス2018」で「インポッシブル・アーキテクチャー展」が見られる埼玉県立美術館(企画展1,200円)にも、立ち寄ってみたいと思います。

値段も安かったため、3月末までにあと数か所廻れば、十分元は取れそうです。

関連記事:
「ぐるっとパス2018」の2冊目で行った施設:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京のちいさな美術館めぐり [ 浦島茂世 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokyo大学博物館ガイド [ 大坪覚 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。