So-net無料ブログ作成

ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」が7月オープン [テーマパーク]

スポンサードリンク




このブログでは、基本的に、自分が興味を持った首都圏の施設やイベントについて取り上げる方針です。
しかし、今回は完全にその圏外ですが、興味を持ってしまった施設をご紹介します。

index.png

【三重県に7月オープン!】ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」を徹底紹介!工場見学やオリジナル味のベビースター作り体験も | NewsWalker

2019年7月20日(土)、三重県津市に、ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」がオープンするそうです。

「ベビースターラーメン」で有名なおやつカンパニーが、本社や工場がある三重県津市に、「ベビースターラーメン」をモチーフにした工場一体型テーマパーク「おやつタウン」を開設するらしい。

大人も子どもも「遊べる」「学べる」「創れる」をコンセプトにしており、具体的には次の施設からなります。

・ベビースターラーメンの製造工程が見られ、出来立てのベビースターラーメンを試食できる「ベビースターファクトリー」
・オリジナル味のベビースターラーメンやチョコクランチ作りを体験できる「ホシオくんキッチンA/B」
・3階建ての超巨大アスレチックなどの遊べるコーナーが充実した「おやつ広場(アミューズメントエリア)」
・ボルダリング、卓球、ゴルフ、など6種類のオリンピック競技を疑似体験できる「スポーツバイキング6」
・すべて段ボールで出来た小さい子でも安心な「リトルタウン」
・子どもだけしか入れない研究員になって未来のおやつ作りができちゃう「ヒミツのおやつラボ」
・年間200種類以上の味が発売されるベビースターラーメンの新商品やオリジナルグッズが購入可能な「おやつマルシェ」
・できたてのベビースター等を使った本格料理が味わえる「ベビースターダイニング」

また、「おやつタウン」の横には「おやつカンパニー久居工場」があり、事前予約をすれば、小麦粉からベビースターラーメンに変わっていく製造工程や、働く人の姿を、見学通路から工場見学することもできるそうです。

入園料は、一部のアトラクション、体験コーナーは別料金となりますが、大人(13才以上)が700円、子ども(4~12歳)が450円と比較的手ごろです。

年中無休で営業し、営業時間は10:00~18:00(久居工場の工場見学は平日のみみたい)。

難点と言えば、交通の便でしょうか。
最寄り駅は近鉄名古屋線久居駅とのことですが、駅から歩くのは不可能な距離で、久居駅~おやつタウン間に三重交通バスが運行される予定だそうです。400台の無料駐車場が用意されるそうなので、行くなら車ですね。

工場地帯のイメージが強く、観光資源に乏しい三重県北部としては、これは新しい人気の観光名所となりそうです。

関連記事:
サントリー「東京・武蔵野ブルワリー」の工場見学:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。