So-net無料ブログ作成

町田に新たな美術館が建設中らしい [博物館・美術館]

スポンサードリンク




町田をぶらぶら歩いていたら、変わった形の建物が工事中で、何かと工事の看板を見たら、美術館を建設しているとのこと。

20190108-768x512.jpg

【建設進捗報告】美術館建設中 2020年3月開館予定! | 一般財団法人太陽コレクション

寄託してから、早速ネットで検索してみると、これらしい。
太陽コレクションという一般社団法人が作っており、2020年3月に開館予定とのことです。

一般財団法人太陽コレクション | Taiyo-Collection of Japanese Antique Art Association

一般社団法人太陽コレクションは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を中心として戦国時代に活躍した武将達の古文書・書画・武具・茶道具などを中心とした、歴史史料を管理する団体だそうです。

これまでも様々な美術館の企画展などに展示協力などを行ってきましたが、このたび自ら美術館を作り、コレクションを公開することになったそうです。

町田市で、美術館というと「町田市立国際版画美術館」ぐらいしか頭に浮かばず、美術関係のイベントもあまりなく、こうした方面にはあまり盛んではない印象がありますので、新たな観光の目玉になるかもしれませんね。

【追記】
信長ゆかりの品々、美術館に 来年、東京で開館:朝日新聞デジタル

その後、最新情報をさらにチェックしたら、正式名称は「泰巌歴史美術館」に決まったそうで、開館も2020年5月予定と、若干変更になっていました。

美術館は6階建てで、名前の「泰巌」は信長の戒名である「総見院殿贈大相国一品泰巌大居士」からとったという。
代表理事の山中泰久氏が30年がかりで集めた、信長ゆかりの絵画や武具、茶道具など、同時代の武将のものとあわせた約600点の収集物から展示を行うらしい。

1~2階は吹き抜けで、内部に安土城の天守の最上部2階分を原寸で再現し、信長ゆかりの茶人である千利休の茶室「待庵」を再現する計画もあるとのことです。

関連記事:
あの「トキワ荘」が復元されるらしい:東京おじさんぽ:So-netブログ




<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。