So-net無料ブログ作成

小田急電鉄も「1日全線フリー乗車券」を発売、ただし・・ [クーポン・チケット]

スポンサードリンク




odakyufree.png

小田急「1日全線フリー乗車券」の使いこなし方。年4回の定期発売へ | タビリス

小田急電鉄も、期間限定ですが、「1日全線フリー乗車券」を発売することになったそうです。

発売期間は、年4回学休期のみということで、本年度は、次の4期間。

・2019年3月21日~4月5日
・2019年4月28日~5月6日
・2019年7月1日~8月31日
・2019年12月25日~2020年1月10日

販売は、小田急線各駅窓口および券売機、小田急トラベル各店舗(一部除く)で行われます。
通常は、利用期間の1ヶ月前から発売になるそうですが、初回のみ、利用開始日の3月21日からの発売になるそうです。

終点に巨大観光スポットを持ち、途中駅にも魅力ある街を抱える小田急なので、これはメデタシ、メデタシと言いたいところですが、問題はその価格設定。

大人2,000円、子ども1,000円(別途特急券を購入すれば、特急「ロマンスカー」にも乗車可能)というと、「1日全線フリー乗車券」としてはマレにみる高額です。

小田急の新宿~小田原間の通常運賃は880円なので、「1日全線フリー乗車券」で単純に新宿~小田原間を往復するだけでは、元が取れません。

新宿を起点として、小田原と江ノ島まで行って戻ってきて、2,340円でようやく元が取れる感じ。

例えば、途中の町田駅に住む人間にとってみれば、新宿に往復して、反対の小田急に往復しても、元が取れず、さらに、江の島に往復してようやく元が取れるという料金設定で、はっきり言って、元を取るのは「非現実的」です。

小田急は、発売を記念して、3月21日~5月6日の間、特急ロマンスカー「GSE」の運転1周年を記念したスタンプラリーを実施するようですが、スタンプラリー達成でもらえるのは、特製の壁紙だけ。
完全制覇の場合は、応募すると、抽選で75組150名が、7月6日(土)実施予定の「GSE特別ツアー」に招待されるらしいが、それだけ。

こんなんで釣られる人、どんなけいるのかなぁ?

関連記事:
小田急、ロマンスカーモバイルスタンプラリーを開催 | RailLab ニュース(レイルラボ)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

小田急沿線の不思議と謎 (じっぴコンパクト新書) [ 浜田弘明 ]
価格:918円(税込、送料無料) (2019/3/15時点)


<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。