So-net無料ブログ作成

東京2020オリンピックのチケット抽選申込方法発表 [スポーツ]

スポンサードリンク




ticket-08.jpg

東京五輪のチケット抽選申込、5月9日から 高額転売対策は? - ITmedia NEWS

4月18日(木)に、東京2020オリンピックの公式チケット販売サイトが、プレオープンとなり、チケットの抽選申込方法などについても詳しい情報が掲載されました。

抽選申込受付期間は、2019年5月9日(木)の10時00分~5月28日(火)23時59分で、抽選結果は、2019年6月20日(木)に発表予定とのことだ。
購入手続期間は、抽選結果通知時から2019年7月2日(火)23時59分までで、12日しかないので、こちらは忘れないよう要注意だな。

期間はたっぷりあるので、慌てる必要はないが、抽選への申し込みには、公式サイトであらかじめ登録手続きをして「TOKYO 2020 ID 」を取得しておく必要があるので、まだ取得していない方は、早めに手続しておきましょう。

抽選申し込みにはいくつかルールがある。

・申し込み受付スタート後、セッションごとの申込み上限枚数は、開会式は2枚、決勝などのメダルセッションは4枚、予選などのその他のセッションは6枚まで。

・申込み可能枚数は、(各セッションごとに)第一希望・第二希望ともそれぞれ最大30枚まで。

・最大当選枚数は、第一希望・第二希望合わせて、最大30枚まで。

・当選チケットはすべて購入する必要があり、決済は、現金またはVisaで行える。

また、テンバイヤー対策として、次のような記述がある。

・複数のIDを取得して、抽選申込を行うことは禁止。禁止行為が発覚した場合はチケットを無効にする場合がある。

・チケットには来場予定者の氏名を事前に登録する必要があり(変更も可能)、チケット券面上にも購入者の氏名が記載される。会場で本人確認する場合もある。

・チケットの無断転売は禁止(オリンピックに向けに高額転売規制法を策定し、違反者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金の対象になり、罰則も強化された)。

・チケット購入後、行けなくなった場合は「公式リセールサービス」で定価で転売できる(2020年春以降に提供予定)。

要するに、当選したいからといって、一人が複数のIDで応募するのは止めましょうということです。
どこまでチェックされるのかはわかりませんが、せっかく当選しても、違反が見つかって無効になるというのも、悲しいものがありますので。

めったにない機会ですので、私も、正当な範囲で、目一杯応募するつもりです。

ほとんど当たらないとは思いますが、万が一当たり過ぎても、「公式リセールサービス」があるなら安心ですしね。

関連記事:
東京2020オリンピック開催まであと500日イベント:東京おじさんぽ:So-netブログ





<スポンサードリンク


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。