So-net無料ブログ作成

大倉集古館のリニューアルオープン [博物館・美術館]

スポンサードリンク




image.jpg

2019年秋大倉集古館リニューアル_180712 - shuko blog

ホテルニューオータニの建て替えに合わせて、同敷地内にある美術館「大倉集古館」も、2014年4月より休館中でしたが、2019年秋に再開するという情報は、以前から出ていました。

最近、公式サイトをチェックしてみたところ、公式にリニューアルオープンの日が決まったみたいです。

再開は2019年9月12日(木)だそうで、リニューアルオープンに合わせて、特別展が開催されるそうです。

20190603165817.jpg

それが、リニューアル記念特別展「桃源郷展ー蕪村・呉春が夢みたものー」だそうで、開催期間は、9月12日~11月17日。

休館日は月曜で、開館時間は、10:00~17:00とのこと。

特別展の入館料は、一般1,300円だそうです。

大倉集古館は、大倉集古館は明治から大正時代にかけて活躍した実業家・大倉喜八郎が1917年に設立したという、日本で最初の財団法人の美術館だそうです。

大倉喜八郎が生涯をかけて蒐集した日本・東洋の古美術品と、跡を継いだ息子・喜七郎が蒐集した日本の古美術品と近代絵画を中心として、国宝3件、重要文化財13件及び重要美術品44件をはじめとする美術品約2500件を所蔵していて、日本有数のコレクションを誇ります。

1928年に伊東忠太博士が設計した建物自体も、国の登録有形文化財に登録されており、今回の改築でも、建物外観はできるだけ保存しながら、免震構造としたので、工事が大がかりになったようです。

リニューアル記念特別展では、新収蔵品の呉春筆「武陵桃源図屏風」に加え、大倉集古館の至宝、横山大観の代表作で巨大な「夜桜」も展示される予定とのこと。

ちなみに、大倉集古館は、「ぐるっとパス2019」の対象施設になっており、確認すると、どうやらこの企画展も無料で入れるようです。
どうで行くなら、それを利用して行こうかな。

関連記事:
東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館が2020年春に移転:東京おじさんぽ:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

描かれた都 開封・杭州・京都・江戸 [ 大倉集古館 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2019/6/11時点)


<スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。