So-net無料ブログ作成

2018年のブログを振り返って [ブログ運営]

これが、今年最後の書き込みになりますが、簡単に今年のブログを振り返っておきます。

1.昨年より増えた街歩きレポート
厚木基地周辺をおじさんぽ:東京おじさんぽ:So-netブログ
綾瀬市唯一の国史跡「神崎遺跡」:東京おじさんぽ:So-netブログ
相鉄二俣川駅周辺をおじさんぽ(1) 免許センターに向かう:東京おじさんぽ:So-netブログ
日比谷周辺をおじさんぽ(1) 東京ミッドタウン日比谷:東京おじさんぽ:So-netブログ
平塚駅周辺をおじさんぽ(1):東京おじさんぽ:So-netブログ
都電荒川線&日暮里・舎人ライナー沿線の「おじさんぽ」(1) 早稲田:東京おじさんぽ:So-netブログ
和光市駅周辺をおじさんぽ(1):東京おじさんぽ:So-netブログ

昨年は、イベントの紹介ばかりが増えて、実際に行ったイベントのレポートが少なかったことを反省し、今年は、できるだけ街歩きやイベントのレポートを書くようにしました。
とはいえ、それでも、実際に足を運んだものの十分の一もレポートできておらず、自分でもまだまだ不満です。
掲載する写真を選び、トリミングしたり、人にモザイクを掛けたり、という手間が一番大変なのですが、どうにかここら辺をさらに自動化する方法がないものか、考え中です。

2.招待券のプレゼントに積極的に応募
「ぐるっとパス2018」を利用開始:東京おじさんぽ:So-netブログ
美術館・美術イベントの紹介サイトで招待券ゲット!:東京おじさんぽ:So-netブログ
最近当選した招待券:東京おじさんぽ:So-netブログ

街歩きをするうえで、様々な施設やイベントの入場券の費用がかさむこともあり、ネットのプレゼントで、美術館や美術イベントなどのプレゼントに積極的に応募してみました。
すると、これが結構当たるのです。
お陰で、ずいぶん節約できましたし、プレゼントが当たらなければ、行くことはなかったであろうイベントなどもあり、随分楽しい経験をさせてもらえました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

豪華客船の中を見学したい [交通]

PB-0035sss.jpg

船内見学会のご案内 - ピースボートステーション

12月22日(土)に、横浜港で行なわれたピースボートの大型客船の見学会を予約してあったのですが、私の仕事の都合で、結局行けませんでした。
あまりない機会なので、残念だったな。

ただ、いつか、大型豪華客船で旅行をしてみたいという希望は持っているし、それは定年後のまだ先だとしても、一度は、中を見学してみたいと思っているのは確かです。

そこで、そうした見学の予定をチェックできるサイトはないか、調べてみたら、いくつかあるようです。

船内見学会【2018年最新】日本発着で乗れる豪華客船/横浜・神戸・東京・名古屋

船内見学・一般公開・食事会・臨時クルーズなどの情報

情報を先取り 船内見学会

豪華客船をプチ体験!船内見学会&説明会の2018スケジュール | HAPPY CRUISE ハッピークルーズ

私が気に入ったのは、このあたりのサイト。

こうしたサイトで見る限り、船内見学会は、そんなに頻繁に開催されている訳ではないみたい。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

小田急に新たなとくとくきっぷのお願い [クーポン・チケット]

images.jpg

小田急電鉄お得な一日乗車券・フリーパスきっぷ◆2018年10月1日現在 - 散歩風景◆東京・神奈川・千葉・埼玉おすすめ散策スポット

私は、小田急沿線に住んでいて、都心によく遊びに行きますが、小田急を利用していて、「こういうとくとくきっぷがあったらな」と思うことがいくつかあります。

例えば、小田急というと、沿線にたくさんの学校を抱えていますが、秋の学園祭シーズンに期間限定で、相模大野から下北沢までの間が、乗り放題になる一日乗車券を作ったら、かなりのニーズがあったりすると思うんですよね。
今は、結構バラバラの学園祭の日程も、日程を合せれば集客が見込めるとなったら、今より合せるようになる気がするんですよね。

小田急の方、いかがでしょう?

もう一つ、新たなとくとくきっぷのお願い。

私は、小田急で往復して、東京メトロが1日乗り放題になる「小田急東京メトロパス」が、たいへんお得なので頻繁に愛用するのですが、できたら、このチケットに、小田急の往路、または、復路で、1回だけ途中下車できる「小田急東京メトロパス・プラス」みたいなチケットを、+100円ぐらいで作ってもらえないでしょうか?

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

平日夜に参加できるイベントが増えた [イベント]

最近、以前に比べて、平日の夜、仕事を定時で切り上げれば参加できるイベントに、参加する機会が増えました。

今年に入ってからで言えば、

20180706_182349945.jpg

“スーパー総選挙”大後夜祭に参戦しました:コンテンツって言い方、嫌いだけど:So-netブログ

7月6日(金)の夜は、当選した「ジェーン・スー生活は踊る」presents「“スーパー総選挙”大後夜祭」に参加。

IMG_0184.JPG

サントリー美術館

その後、こちらも招待券が当選したサントリー美術館の「琉球 美の宝庫展」の夜間特別公開に、7月25日(水)出かけてきました。

IMG_0142.JPG


IMG_0175.JPG

この時は、仕事を少し早めに切り上げて、ついでに東京ミッドタウンの周りを「おじさんぽ」しました。

IMG_0598.JPG

【10/11】文化推進学生アドバイザーpresents 早稲田×スポーツ×古代ギリシャ ~吼えろ早稲田の獅子 猛けれ古代ギリシャの獅子~ ? 早稲田文化

10月11日(木)の夜には、「アトロク」に出演されていた古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家・藤村シシンさんが出演する古代オリンピアについての講演を、早稲田大学の大隈講堂に聞きに行きました。
ラジオでもそうでしたが、この講演でも自ら古代ギリシャの衣装に身をまとい、学生スタッフにも協力させて、ちょっとした寸劇を交えながら、古代オリンピアの、日程に沿ったリアルな解説を、楽しく聞かせていただきました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

JR東海道線「村岡新駅」整備の本当の意義 [都市開発]

以前から、JR東海道線の大船駅と藤沢駅の間に、新たな「村岡新駅」を作ろうという計画があることは、地元のニュースでも何度か流れたので知っていました。

ただ、なぜそこに駅を作るのか、という意味については、東海道線の車窓から見える武田薬品の大きな建物から、あそこに通勤する人たちが便利になるからかな?といった程度にしか考えたことがありませんでした。

「村岡新駅」整備負担年内合意へ 神奈川県、藤沢、鎌倉市|カナロコ|神奈川新聞ニュース

先日のニュースによれば、「村岡新駅」の整備に必要な費用の負担について、神奈川県、藤沢市、鎌倉市の3社が合意したそうです。

ここで疑問が湧きました。

「村岡新駅」の予定地は、完全に藤沢市なのに、鎌倉市がなぜ関係があるのでしょうか?

そう思い、調べ始めたら、この「村岡新駅」というのが、思いの外、ビッグプロジェクトであることが分かってきました。

まず、藤沢市側の事情が、思ったのと違いました。

武田薬品、湘南の研究員を3分の1程度に  :日本経済新聞

「村岡新駅」予定地のそばには、元々武田薬品の広大な工場があったのですが、その工場が廃止になり、その後に、武田薬品の湘南研究所ができたものの、それも世界的な研究開発機能再編により規模が縮小され、2017年までに人員が現在の3分の1程度になってしまったらしいのです。
なので、武田薬品のために「村岡新駅」が作られる、という認識は少し的外れのようです。

また、そんな現状なので、駅前予定地付近には、巨大なフットサル場やテニスコートが広がっていますが、あまり有効に活用されているとは言えない状態となっています。

fukasawa.png

村岡新駅周辺地区まちづくりガイドライン|藤沢市

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域