So-net無料ブログ作成

ミニ博物館による観光振興の動き [博物館・美術館]

最近、街歩きをしていて気付くのが、ミニ博物館みたいなのが、あちこちに増えていること。

地域博物館の価値再考 ~「住民参加」から次のステップへ~・コラム - JTB総合研究所

ミニ博物館に明確な定義はありませんが、ここでは、小規模で、日本博物館協会には属さず、何かの本業の傍ら、その本業に関する展示を無料で行なっているものを、ミニ博物館と定義したいと思います。

こうしたミニ博物館を、地方自治体でも積極的に取り上げ、統一ロゴまで作って、自治体のWebサイトやチラシを作って、告知しているケースも増えてきました。

すみだ小さな博物館 墨田区公式ウェブサイト

中央区まちかど展示館 WEBサイト

新宿ミニ博物館-新宿歴史博物館

小田原市 | 街かど博物館

ざっと調べた限りでも、墨田区、中央区、新宿区、小田原市なんかが、エリア内にあるミニ博物館を公式サイトでまとめて取り上げ、観光資源としてアピールしています。

3m-1.png

墨田区について言えば、このようなロゴを作り、それぞれのミニ博物館の看板に掲示することで、統一的なイメージ作りを行っており、最も積極的といえるかもしれません。

私も、こうしたミニ博物館を、いくつも訪れたことがありますが、その規模や内容は本当に様々。

お金を取られてもおかしくないような本格的な博物館もあれば、本来のお店や作業場、事務所などの一部で、展示を行っているケースも多く、オープンは平日のみで、開催時間も職場の定時内、という場合も多いようです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域