So-net無料ブログ作成

「Japan Sport Olympic Square」と「秩父宮記念スポーツ博物館」 [スポーツ]

IMG_0487.JPG

岸記念体育会館 - Wikipedia

現在、日本スポーツ協会の本部がある「岸記念体育会館」が、国立代々木競技場の南隣にあります。
これは、アマチュアオリンピック振興の創始者で、第2代大日本体育協会会長・岸清一の遺言により100万円(現在の28億円)が寄付されて、1940年に東京府神田駿河台に建設され、その後、1964年の東京オリンピック開催時に現在地に移転したものです。

IMG_0489.JPG

建物前に岸清一の銅像が設置され、地下1階に、一般の方の利用も可能な体育協会資料室があり、スポーツ関連の書物が閲覧できるそうです。

その建物には、ありとあらゆるスポーツ関係団体のオフィスがあり、スポーツの拠点となっていたのですが、古い建物なので、耐震性に問題があったり、設備自体も古いということで、他に移転する団体も出てきて、建て直しの議論が起こっていました。

久々に、その後どうなったかチェックしてみたら、新たにビルを建て移転することが判明。

CIMG0070.JPG

お知らせ - JSPO

神宮球場の西隣に、2019年4月に竣工予定の「Japan Sport Olympic Square」(ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア)がそれだそうです。
新会館はJSPOとJOCが協力して建設・運営するそうで、60以上のスポーツ関係団体のオフィスが集積し、スポーツ/オリンピックの発信拠点として利用してゆくそうです。

私のような一般人に向けた施設もあり、詳細はまだ未定ですが、「日本オリンピックミュージアム」が設置される予定があるのが大きな目玉かと思います。
また、岸清一氏の功績を記念して「岸清一メモリアルルーム」やギャラリーが設置され、現在の会館敷地にある胸像も新会館敷地に移設されるとのこと。

さらにその隣の明治神宮外苑地区でも、老朽化した施設の大規模な開発計画が持ち上がっていて、新国立競技場が建築中なのは、みなさんご存知だと思いますが、それ以外にも、

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域