So-net無料ブログ作成

横浜市営バス一日乗車券の活用法 [交通]

お得な乗車券 横浜市

横浜みなとみらいのエリアを観光するなら、みなとみらいエリアの地下鉄や、市営バスが乗り放題の「みなとぶらりチケット」(大人:500円)が便利です。

ただ、このチケット、乗り放題エリアまでの運賃は別途払わないといけないし、みなとみらい線には乗れないので、使い勝手やお得度はそこそこといったところ。
エリア内での、地下鉄やバスに3回以上乗れば、元が取れる感じになりますが、三溪園などを除けば、観光施設は割と歩ける範囲にまとまっているので、案外使わなかったりします。

横浜セントラルタウンフェスティバル“Y160”

先週末も、横浜セントラルタウンフェスティバル“Y160”を見に行くついでに、まだ行ったことがない市電保存館、根岸森林公園、馬の博物館などのバスしかアクセスがない施設に行ってみたいなと思ったのですが、「みなとぶらりチケット」で行くより、もっと安くで回れるチケットがあるんではないかと思い、調べてみました。

FireShot-Capture-1916o.png

1日乗車券 横浜市

それは、横浜市営バス一日乗車券(大人:600円)です。
紙でも発券してくれますが、市営バスの中で、PASMOに記録する形で発行してもらえ、これの方が圧倒的に便利です。

もし、「みなとぶらりチケット」の乗り放題エリアまで、別の交通手段で行くのではなく、横浜市営バスでたどり着けるのなら、「横浜市営バス一日乗車券」を利用した方がお得になりそうです。

では、そのエリアは、どこになるのでしょうか。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域